ショーンKの名言|話すときは双方向性を重視することが大切

大人の話し方と子供の話し方の違いは、「ワンウェイとツーウェイ」の差だと思います。子供や若者は、自分の考えを一方的に伝えたがるもの。対して大人は、相手のいうことに耳を傾け、相手が求める答えを返す、といった双方向性を重視します。

ショーンK の経歴

ショーンK、ショーン・マクアードル川上。日本の経営コンサルタント、ディスクジョッキー、コメンテーター。米国ニューヨーク出身。テンプル大学、パリ第一大学で学んだのち、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得。ブラッドストーン・マネジメント・イニシアティブ・リミテッドを設立。世界6カ国で経営コンサルタントとして活動。そのほかラジオのディスクジョッキーや、テレビのコメンテーターなどとしても活躍。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

マッキンゼーでコンサルタントをしていた頃、「グローバルベストプラクティス」という言葉が飛び交っていたのですが、これに違和感がありました。成果を出すための「世界で最も優れた手法」といった意味ですが、この論理をコンサルがクライアント企業に対して押し切ってしまうプロジェクトはうまくいきませんでした。「おたくは古い」「あれができてない」「これができない」と基準に照らして切り捨てていく。すると、最初の数年は成果が出ても、だんだん企業の中にいる人たちの生身の感情が欠落していき、そのビジネスが他人事になっていくのです。

倉本圭造の名言|「グローバルベストプラクティス」の押しつけでは上手くいかない


人生において師を持つことは大切です。それも厳しければ厳しいほどいいのです。親父代わりとも呼ぶべき恐ろしい大師匠、渥美俊一先生の出会いがなかったら、現在のニトリはありません。
【覚書き|ニトリの創業期に渥美俊一氏からチェーンストア理論を厳しく指導されたことを振り返っての発言】

似鳥昭雄の名言|師は厳しければ厳しいほどいい


自己ベストを出したらしっかり評価してあげることも重要です。もし、その子がやる気を失い、チームの一員として機能しなくなると、チームの足を引っ張るようなケースも出てきます。

原晋の名言|自己ベストを出したらしっかり評価してあげることも重要


まず相手を褒めること。商談だからといって「何かお困りのことはありませんか」と直接聞かれると相手も困ります。「繁盛されてますね」と話を向ければ「本当はそれほどでも」と返ってくる。謙遜は本音を引き出すチャンスです。「実はこんな問題があって……」という話に発展するかもしれません。

高城幸司の名言|商談のヒアリングは褒めることから始める


いくら頭がよくても、「人と人」という、一番大切な関係を面倒臭がるようじゃ、先の見込みがない。

渡辺淳一の名言|いくら頭がよくても、「人と人」という、一番大切な関係を面倒臭がるようじゃ、先の見込みがない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ