ポール・キャンドランドの名言|日本で試すことがディズニー全体の参考になる

このエントリーをはてなブックマークに追加

米国本社も、ディズニー・ジャパンの大人戦略を理解してくれています。今後は欧州や中国でも高齢化が進みます。その点で日本は先端事例であり、日本で試すことがディズニー全体の参考になるからです。


ポール・キャンドランド の経歴

ポール・キャンドランド。米国人経営者。ウォルト・ディズニー・ジャパン社長。米国ワシントンD.C.出身。米国ブリガム・ヤング大学卒業後、ペンシルバニア州立大学大学院でMBAを取得。日本ペプシコーラ・カンパニーに入社し、沖縄ペプシコーラ社社長、日本ペプシコーラ社社長などを務めたのち、ウォルト・ディズニー・ジャパンに移り、総支配人、ウォルト・ディズニー・テレビジョン・インターナショナル ジャパンのマネージングディレクターなどを経てウォルト・ディズニー・ジャパン社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

オンタイムでもオフタイムでも、人脈を広げ、たくさんの人と接していると、自分の中にフックができます。すると、何かをプロデュースしたいと思ったとき、自分のフックにひっかかったものを掘り下げれば、それが昼の仕事にもつながります。

長期的な成長を続けるために交配は不可欠だ。単一生物が同じDNAを持ち続けていたら進化が破綻するのは生物世界では常識。異なる種が交配してきたからこそいまに至っている。企業もまた同じことが言えるはずだ。

20代のうちに目標、志を持つこと。立てた目標にしがみつかないこと。2、3回挑戦してダメだったら変えるべき。

ビジネスモデルの寿命、対応年数は状況によって全く違います。非常に長く続く業種もあれば、10年も持たない業種もあります。それは業種によって違います。商品やサービスも同じで継続的に売れるわけではありません。常に「もっともっと」を探ることが必要です。

お客様のために力を尽くすほど、見返りが大きい。

私の少年時代は、むしろ小僧時代という呼び方が当たっているかもしれない。家運の傾いた家に育った私には、幼い時の楽しい思い出は少なく、苦労の思い出だけが多い。

私たちの存在は、夢と同じような儚いもの。この小さな人生は、眠りによってけりがつくものなのだから。

部下について悩みがあれば、本人抜きであれこれ考えるよりも、本人に直に聞きに行けばいいのです。もちろん詰問調で聞いてはいけません。そのときの自分の顔や口調が相手を不快にさせるのか、元気にさせるのか。それを常に考えながら接しなければならないと思います。人の心は、顔の表情や態度、声の音色から、相手へ瞬時に伝わってしまうのです。

誰もが、リーダーとしての潜在能力を持っています。それが非常に小さい場合もあるし、大きい場合もある。そうした中からリーダーをつくるには、まずリーダーシップ能力がある人材を見つけ、次にそのスキルを開発する。さらにスキルを使える場を何らかの形で提供することが重要です。ほとんどの企業でこの点を実行していません。

とにかく、何をやるにしても、これまでの固定観念に縛られることなく、いいと思ったことは「なんでもやってみよう」というのが、昨年の西武の姿勢だったんです。「失うものはなにもないんだから」って。

ページの先頭へ