アルバート・アインシュタインの名言・格言|相対性理論と女の子とのデートの共通点

このエントリーをはてなブックマークに追加

熱いストーブの上に一分間手を載せてみてください。まるで一時間ぐらいに感じられるでしょう。ところがかわいい女の子と一緒に一時間座っていても、一分間ぐらいにしか感じられない。それが相対性というものです。


アルバート・アインシュタイン の経歴

アルバート・アインシュタイン。アルベルト・アインシュタイン。ドイツ生まれのユダヤ人理論物理学者。相対性理論を確立。生前からメディアで大きく取り上げられた人物。世界で最も有名な科学者の一人。幼少期から幾何学などに興味を持ち、9歳でピタゴラスの定理を自力で証明した。スイスのチューリッヒ連邦工科大学を卒業。いくつかの職を経た後、スイス特許庁に就職。仕事の傍ら物理論文を書き大学に提出。論文が認められチューリッヒ大学助教授となる。プラハ大学、チューリッヒ連邦工科大学などで教授職を務めた。ノーベル物理学賞受賞者

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私たちが悩んだり、不可解に思ったり、とまどったりしている疑問とそっくり同じ疑問を昔から賢者も抱いてきたのであり、例外は一人としていない。そしてそれぞれ能力に応じて自分の言葉や生き方でそうした疑問に答えてきたのである。

希望を持つことはやがて失望することである。だから失望の苦しみを味わいたくない者ははじめから希望を持たないのがよいと言われる。しかしながら、失われる希望というものは希望でなく、かえって期待というごときものである。個々の内容の希望は失われることが多いであろう。しかも決して失われることのないものが本来の希望なのである。

私たちは人と話しながら頭では他のことを考えていたり、三つ四つのことを同時にやろうとする。一度に多くのことをやろうとすると、目の前のことに意識が集中しなくなる。そうなると、いましていることに楽しみが見出せないばかりか気が散って能率が上がらない。私は目の前のことに集中する癖をつけて以来、書いたり読んだり家の掃除や電話で話したりするといった生活のすべての技術が向上した。一度に一つのことしかしないと決めるだけでいい

私は実験において 失敗など一度たりともしていないこれでは電球は光らないという発見を いままでに、2万回してきたのだ。私は一日たりとも、いわゆる労働などしたことがない。なにをやっても楽しくてたまらないから。

君にはわかるだろうか。視覚こそがこの世界の美しさを包み込むのだ。視覚は天文学の師であり、人間のあらゆる技術を助け、導くものだ。視覚は人間を世界の隅々までおもむかせる。視覚は数学の様々な部門を支配する。視覚による知識は最も確実なものだ。それは星の距離や大きさを測り、星座の要素や性質や運行を発見し、そこから次に起こることを予言できるようになる。視覚は、建築と図面を生み、そして最後に絵画という聖なる芸術を創始した。おお視覚よ、汝は神の最も優れた創造物だ。汝の崇高さにふさわしい、どんな賛美の歌があろうか。どのような人々が、どんな言葉が、汝の達成したことを言い表せることか。

古い構造、体質にしがみついていると会社は十年で潰れる。日本の企業は本業にこだわりすぎ、赤さび企業に転落しないうちに異分野の柱を立てておけ。ライバルはどこから出現するかわからない。その中で自社が生き残り、勝ち残るためには狭い世界で本業を墨守しているだけでは駄目。思いもよらない分野に進出してこそ本業倒壊のリスクを回避できる。

数学における最も偉大な発見は「複利」である。

ページの先頭へ