三浦展の名言|若者はいま、早く成長したがっている

若者はいま、早く成長したがっています。ほかの会社に移ることになっても、そこで通用するように自身のスキルを高めておきたい、と。勤め先がいつ外資に変わってもおかしくない時代です。会社がこの先どうなるのか、確信を持てない。かつてのように、ずっと会社に居続けられるというような安定感はとても抱けません。

三浦展 の経歴

三浦展、みうら・あつし。日本のマーケティング・アナリスト。新潟県出身。一橋大学卒業後、パルコに入社。同社のマーケティング雑誌アクロス編集室に勤務したのち、同誌の編集長となる。その後、三菱総合研究所に移り、主任研究員となり労働行政などの調査研究を行う。三菱総合研究所退社後、マーケティング会社カルチャースタディーズを設立。執筆、評論活動のかたわら、各種大学で講師として教鞭をとっている。主な著書に『下流社会』『ファスト風土化する日本』『下流大学が日本を滅ぼす』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

商売というものは単なる売り買いでなく懸命な奉仕であり、そこに良き心が通いあわなければならない。誠意をもって事に当たってこそ、その人の言葉、態度に深い味わいが生まれ、それが人の心を動かす。

松下幸之助の名言|商売とは懸命な奉仕


創業者がやるなと言ったから、いまはやりません。しかし、いざとなったらやるかもしれません。そんな柔軟に考えたらいいんです。
【覚書き|スーパーやコンビニからの王将の餃子を売りたいという申し出を断っていることについて語った言葉】

大東隆行の名言・格言|創業者の言葉を守ることと、柔軟に考えること


人生は一回しかない。自分の可能性を試して欲しい。

柳井正の名言|人生は一回しかない。自分の可能性を試して欲しい。


事務所のブログに「なぜこんな時期に、わざわざ北朝鮮に行くんだ」という書き込みもたくさんの方からいただきました。あのときは「じゃあ、オマエにいいアイデアがあったら、教えてくれよ」と言いたかったですね。もちろん、拉致なんていう卑劣な行為は絶対に許せないですよ。だからといって「けしからん、許せん。制裁だ、制裁だ!」と叫ぶだけで、解決できますか。どうやったら平和的な外交の扉を開くことができるのか。私ができることをやらせてもらおうと思って、批判を覚悟のうえでいまでも訪朝を繰り返しているわけです。

アントニオ猪木の名言|私ができることをやらせてもらおうと


プライベートを充実させるほどに、仕事の成果は上がる。

心屋仁之助の名言|プライベートを充実させるほどに、仕事の成果は上がる


売れないのなら、開発も加わって原因を検討し、改善の行動を起こします。今はそれがすぐにできる組織になっています。

小飼雅道の名言|部門を超えた協力ができる組織をつくる


本棚は、収納であると同時に、自分が何に興味や関心を持っているのかを可視化する道具でもあります。一冊ずつの本は書店にある膨大な数の本から選び出したもので、それだけでも自分の興味や関心を自覚することになりますが、さらに本棚に並べることで、自分でも気がつかなかった本同士の関係性を新たに見出すことができます。「3年前に買ったこの本と、これから読もうと思って買ったこの本とは、扱っているテーマが似ているな。自分はずっとこういうことに興味を持っていたのか」というような発見ができるのです。本棚を眺めているだけで、アイデアを得ることもあるでしょう。

内沼晋太郎の名言|本棚は自分が何に興味や関心を持っているのかを可視化する道具


「平均値」は多数のデータを一言で表す指標として非常によく使われますが、実はほとんどの場合、意味がありません。データの中に、ごく少数でも極端に高い数値や極端に低い数値があれば、平均はたやすく上下するからです。

竹内薫の名言|「平均値」はほとんどの場合意味がない


スピード経営にはトップだけでなく、組織の迅速化も欠かせませんが、トップ自らが徹底してスピード感を持って動き、常に努力していなければ、組織はついてきません。ですから、私自身が仕事のスピードを上げることに執着するのです。

荒川詔四の名言・格言|経営者自らが仕事のスピードに執着することを示す


私が努力を重視するようになったのは、入社直後に私の担当になった先輩からこんなことを言われたことがきっかけです。「僕は君の能力なんて全然見てもいないし、期待もしていない。大切なのは努力だからだ。君のような入社2週目の社員でも、毎日10件のお得意先を10年間まわり続けることはできるはず。それをやり遂げれば、能力がなかったとしても、必ず結果は出る」。その言葉に感銘を受けて、以来、努力の量を意識するようになりました。

小路明善の名言|努力の量を重視することの重要性


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ