三浦展の名言|いまの若者は自らを成長させてくれる会社にこそ、ロイヤルティーを感じる

いまの若者は自分に必要な知識や経験を得られるような場所を歓迎するのではないかと思います。向こう5年間で自分がどれだけ成長できるか、それに資する場所を喜ぶわけです。自らを成長させてくれる会社にこそ、ロイヤルティーを感じるものです。

三浦展 の経歴

三浦展、みうら・あつし。日本のマーケティング・アナリスト。新潟県出身。一橋大学卒業後、パルコに入社。同社のマーケティング雑誌アクロス編集室に勤務したのち、同誌の編集長となる。その後、三菱総合研究所に移り、主任研究員となり労働行政などの調査研究を行う。三菱総合研究所退社後、マーケティング会社カルチャースタディーズを設立。執筆、評論活動のかたわら、各種大学で講師として教鞭をとっている。主な著書に『下流社会』『ファスト風土化する日本』『下流大学が日本を滅ぼす』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

昔からの付き合いで、幼なじみのような関係にある協力工場は、売れ行き状況や在庫情報を確認し、足りなくなりそうだったら自主的にその分を生産して物流センターに納品しています。気心も知れた信頼関係があるから、いちいち生産の指図などしなくてもよいのです。この絆が、在庫を補充するスピードを上げる独自の生産体制の基盤になっています。


「世界ふしぎ発見!」も、最初はクイズは専門外だとお断わりしたのです。でも、自分にしかできない司会者像を探っていくうちに、いつの間にか長寿番組になりました。


後継者選びは社長の一番の仕事。


面白いことを追求し、世にないものを提供する会社という伝統はもっと磨いていきたい。


小さくてもいいから、キラリと光る事業の集合体になろう。


私は組織を「サバンナ」のような状態にしました。360度評価制度にして、上司、同僚、部下から、その人が「いないとダメ」「いなくてもいい」の2つの軸で評価する仕組みにした。そして、「いなくてもいい」と判断された人には改善を促し、変わらないなら仕事から外します。そうすると、自分から餌を取りに行かないと組織にいられなくなる。組織を「競争の激しいサバンナ」にして、頑張って結果を出している人が報われるような環境を築いたのです。


米IBMの設立は1911年(明治44年)で、日本でいえば明治時代の一番最後に設立された会社です。もちろん、当時はコンピューターはなかったわけで、最初は肉屋の秤(はかり)、厚手の紙に穴を開けるパンチカードやタイムレコーダーという事業から始まっていきました。そして、歯車から手回しの会計機になり、真空管になり、トランジスタになり、IC(集積回路)になり……と、精密機械の技術からエレクトロニクスの技術に進化し、情報処理の世界を革新し発展させてきました。ですから、100年前に組み立てた戦略がそのまま100年間生きてきたわけではなくて、企業の有り様、つまり、事業の戦略を20年に一度くらい変えながらやってきたということです。


完璧グセのある人は、周りから求められている仕事のレベルを理解しようとしません。ひたすら、「自分が勝手に決めた完璧さ」を追求し、必要以上に凝ることで、仕事をした気になっています。本人は満足なのでしょうが、周りからは、「ニーズが読めていない人」と思われてしまい、評価されません。


愚者や世間知らずは説明してやっても何も理解しない。無知であるがために、すぐに怒り出す。


海外需要を掘り起こすには、地場に入り込んでいくことが重要。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ