大前研一の名言|仕事漬けにならないためにすべきこと

私は、人生は仕事だけじゃないと思っている。オフロードバイクも、スノーモービルも、ダイビングも楽しみたいから、週末まで仕事を引きずらないようなやり方をしている。仕事漬けになるのが嫌なら、先に趣味やレジャーの予定をスケジュールに入れて段取りを組めばいい。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私も含めて、百貨店業界はこれまで、あまりにも自分たちのリスクを取らずに来ました。自分たちでリスクを背負わず、取引先のアパレルメーカーが在庫リスクを負ってきた。それを続けてきたがために百貨店同士が同質化してしまいました。

経営方針を転換した当初、自分だけが苦労していると感じていました。そんなときに出会った言葉が、ある方の「他人や過去は変えられない。変えられるのは、自分と未来だけ」という言葉でした。この言葉が私を変えてくれたおかげで、スタッフとの関係が改善されました。それ以来、私の思考は180度変わりました。

会社のミッションやビジョンをきちんと伝え、透明性の高い会社であることを分かってもらうのが、相談役である私の一番大事な務め。

地元の高校や大学からも広く人材を獲得しました。地域に愛される企業を目指し、今後も新卒採用を継続的しながら次代へつなげていきたい。

仕事のやり方について学んだのですか、その方と比較すると、いままで自分は、仕事量や内容がきちんと整理してなかった点に気づかされました。そこで、時間帯を区切って仕事をすることに決めました。

オーナーならば喜んで洗車するが、誰もレンタカーを洗車しようとは思わないでしょう?
【覚書き|なぜ資産の99%をバークシャー株として保有しているかについて語った言葉。投資家から出資してもらうだけでなく、自分でも全財産を投入すれば、軽はずみな投資はしなくなるという趣旨の発言】

早寝早起きという言葉がありますが、人体のメカニズムに従えば、“早起き早寝”という言葉が適切でしょう。朝の太陽の光を浴びてから13~16時間が経過すると、脳内からメラトニンという誘眠ホルモンが分泌されます。つまり、眠りたいと考える時間から逆算して日光を浴びれば、快適な睡眠へのタイマーが作動するのです。

チームメンバーは皆、経験豊かなプロフェッショナル集団であり、自分たちで判断し問題を解決できます。ですから、私が夜中に呼び出されるような事態は過去1年間に1回だけ。私の役割は彼らに指示を与えるというよりサポートすること。皆が同じ方向を向いて働くための環境づくりであり、私のスケジュールもそのために組み立てているのです。

人間の脳は、机の前に座っているときよりも、風呂に入っているときなど、無防備な状態のほうがアイデアが出やすいようにできているらしいです。経営者がジムに通うのも、そのほうがアイデアが浮かぶからです。

僕はどんなに困難な状況の中でも少し楽しんでいる節がある。それは、困難が大きいほど、それを乗り越えて変革を成し得たときの達成感が何ものにも代えがたい喜びを与えてくれるから。

ページの先頭へ