大前研一の名言|仕事のスピードを上げるには関わる人が効率よく働ける状態をつくってあげることが重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事のスピードを上げるためには、関わる人がいかに無駄なく効率よく働ける状態をつくってあげられるかが、じつは重要なポイントなんだ。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

作品は私のものじゃないですからね、読者のものでしょ。だから私がやめたいのなんのってことは言えませんよ。

正しいことを正しくやって結果が出たら、黙っていても人はついてきます。

7・8年前の失敗をしっかり原因分析し、十分に下準備をしてからやってくれ。もう一度失敗したらそれこそ笑いものになるぞ。
【覚書き|「たまごっち」を再びやりたいという社員の提案にOKを出した後に言った言葉。たまごっち発売当初の熱狂的なブームは結局息が短く、結果的に60億円の赤字に終わった。この発言後に出した「たまごっちプラス」は長期間売れ、最終的にブーム時よりも売れて大きな利益をもたらした】

若い組織でないと頭越しの指示はできません。普通の組織なら、中間管理職が「俺はそんな指示は聞いてないぞ」とグチャグチャ言ってくるに違いありません。政府の会議で座長をやっていたとき、官僚組織は絶対に頭越しの指示をしないことに気づきました。それは組織が老いているからです。

性格を磨くには、ひとことで言うのは難しいが、「嫌なものは嫌」「自分さえよければそれでいい」という考え方に支配されないように、普段から心がけるしかないと思う。自分のためじゃなく、周りのために何ができるかを考えていれば、気が付いたときには周りから認められる人になっている。性格を磨くというのは、きっとそういうもんじゃないだろうか。

経験からいえることは、伸びる人というのはある時期に何らかの専門性を磨いているということです。どんな分野でもいいから徹底的にやるのです。傍流と思われることでもいいのです。私の場合はホテル経営がそれにあたります。

創業者は絶対に引退できないんですね。引退できないけど、迷惑をかけないことだけは気を付けないといけない。だから創業者は自分を引き継いでくれるチームと、そのリーダーを任命しないといけない。

ページの先頭へ