大前研一の名言|仕事のスピードを上げるには関わる人が効率よく働ける状態をつくってあげることが重要

仕事のスピードを上げるためには、関わる人がいかに無駄なく効率よく働ける状態をつくってあげられるかが、じつは重要なポイントなんだ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間の能力の差は、体力・気力・努力次第で簡単に逆転する。要はやる気次第だ。やる気を出せばなんでもできる。

一つのことができないからといって、あいつは駄目な人間と決めつけるのはおかしい。

私が日本法人社長になったとき、スタッフと一緒に考えたのは「基本に戻って考えなおそう」ということでした。

例外事例を考慮しないということは、新規にシステムをつくるうえでも重要な心構えです。とかくシステム化というと、あれもこれもと機能を入れたくなってしまうものです。それではコストも大きく跳ね上がります。また、システムが複雑になることで、トラブルが発生する可能性も高くなります。

物事を達成できない原因は2つあります。ひとつは自分自身が自分を信じていないこと。もうひとつは「できない」という考えに囚われてしまうこと。

商談にしてもプレゼンテーションにしても、やはり大切なことは相手に信用してもらうことです。もし、途中で話が脱線してしまって、相手の方が自分の大好きなゴルフの話を始めたとしたら、それは私に対してオープンなマインドを持ち始めてくれたことの表れなのかもしれません。それなのに無理やり話を元に戻そうとすると相手の気分を害してしまい、まとまる可能性のあった話をご破算にしてしまいかねないので、細心の注意が必要です。

少し先の予定でも絶対忘れてはならない事柄は、遅くとも2週間前には活動開始できるようメモしてあります。これだけの時間があれば、多少難しい問題が生じても目途はつけられるものです。

富貴に驕ってはならない。貧賤を憂えてはならない。ただ知識を磨き、徳を高めて、真の幸福を求めようとすること。

私は日々の努力の結果をすべて手帳に記録しています。具体的な目標を決めて、今日は目標をどれだけクリアできたか、毎日書き込んでいます。手帳でもカレンダーでもいいので、とにかく努力の記録をつける。そうすると、頭が常にそれを意識するようになるんですね。これはかなり有効です。

極端な話、英語が出てこなければ日本語で返してもいいのです。相手が何を言っているのかわからない場合は、「はっ?」と、尋ね返すだけでいい。逆に伝わらない場合も同じです。何度でも繰り返し伝える厚かましさを持ちましょう。

ページの先頭へ