大前研一の名言|リーダーは具体的な指示を

このエントリーをはてなブックマークに追加

チームの無駄な時間を省くには、その仕事のリーダーが、あらかじめ全員にでき上がりの具体的なイメージを伝えておくことだ。そうすれば、まるで的外れのものがあがってきて、また一からやり直しといった無駄は避けられる。逆に、何のイメージもないまま「とにかく考えてこい」というような指示では、スタッフは暗中模索で何案も考えなければならない。しかも、膨大な作業をしたにも関わらず、そのほとんどが無駄になるのだから、これじゃ全体のスピードも上がらないし、スタッフのテンションだって落ちてしまう。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

売上高に占める開発費の割合は8%。企業たるもの、ある程度は新規事業に開発投資をするのは当たり前だと考えています。悪く言えば贅肉かもしれないが、それがないと先行きが真っ暗になっちゃう。負のスパイラルに陥らないようにするため、新規事業開発費は増やすぐらいのつもりでやっています。

自分を通過していくお金の量はすごいんですよ。でも、僕のところで完全に留めようなんておこがましいことは考えていません。僕はそんなこと一生できない星のもとに生まれていると思います。

難しい文章を書けば、格調高く見えたり、自分を賢く見せられたりするのかもしれません。でも、僕にはそういう願望はなく、ただ自分のメッセージを伝えたい、という思いだけがありました。それなら、わかりやすく、伝わりやすくしようと思ったんです。

社会組織が分業になっている以上、私たちは「この道にかけては俺がいなければ」というほどの責任と自負を持ち、お互いがお互いその道のオーソリティ(権威)になる、それがつまりは世間に尽くすことになるだろうと思う。同じことを会社に当てはめて考えてみれば、その道、その道で立派な人ができれば会社全体が上手くいく。

研修では学べないこともたくさんあります。若いころに出合った上司たちは、私に経営の要諦やリーダーシップのあり方を勉強させてくれた生きた手本でもありました。

私はハングリー精神とは「勉強する心」だと理解しています。求めて勉強していく心を持てるようにならないといけない。

自分が選ばれた理由はいろいろあるだろうが、最大のポイントは若返りだ。商社のビジネスは今、トップ同士が直に話し合って合意する機会が圧倒的に増えている。一年の半分は海外に赴き、時差ボケをものともせずに議論や交渉をするには体力が必要だ。

ページの先頭へ