大前研一の名言|リーダーは具体的な指示を

チームの無駄な時間を省くには、その仕事のリーダーが、あらかじめ全員にでき上がりの具体的なイメージを伝えておくことだ。そうすれば、まるで的外れのものがあがってきて、また一からやり直しといった無駄は避けられる。逆に、何のイメージもないまま「とにかく考えてこい」というような指示では、スタッフは暗中模索で何案も考えなければならない。しかも、膨大な作業をしたにも関わらず、そのほとんどが無駄になるのだから、これじゃ全体のスピードも上がらないし、スタッフのテンションだって落ちてしまう。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社は絶えず何かに挑戦するということを会社としての大きな目標にやってきた。

自然界のアリの話はよく知られています。働きアリは全体の2割だけ。8割は遊んでいるという生態の話です。そして働きアリの2割を全体に見立ててみると、その中でそれなりに働いているのはまた2割だけ。それが自然の法則なのです。社員の意識改革も全員を対象にするのではなく、有効な2割に徹底的に働きかければ組織は十分に機能するのではないか。それが私の持論です。多くても3割の人を改革すれば、問達いなくあとがついてくるでしょう。

私をどんな鋳型にもはめようとしなかった両親がいて、本当に運がよかった。二人はただ、抜きんでるように、楽しくやるようにと励ましてくれたのだから。

著者が言いたいことを登場人物にそのまま言わせるんだったら、小説というかたちをとる必要はない。小説の中の彼や彼女だったらこうは言わない、ということを無理矢理言わせているのであれば、それは小説の失敗だと思う。

「できない」と言うにしても、死ぬ気で考えて、死ぬ気で試さないとダメだ。

歴史問題などの非常に微妙な問題は、慎重に考える必要があります。私の発信が国の発信ですから、たとえばアメリカが、それから中国、韓国がどう受け取るかを、常に念頭に置いています。

「おい、これくれよ」と泥靴を履き、仕事着でぷらっと寄ってもらえる店です。田舎の頑固者でいいと思ってきたのが良かったのかもしれません。

9800円だと安物と思われる危険性がありますが、1万円だと企業努力と感じてもらえます。

失敗や挫折のときに営業マンを切り捨てない組織は強い。現実には売れない営業マンをどんどん捨てていく会社もあるが、結局は、ある程度挫折した人を拾っていけるような組織の方が強い。

アメリカでは誕生日を迎える家族や友人のために、内緒でパーティーを準備します。忙しい最中でも準備が楽しいのは、相手に喜んでもらいたいからです。あの高揚した気持ちが、ビジネスを起こす力と似ているんです。驚かせ上手な人ほど商才があるのかもしれませんね。

ページの先頭へ