大前研一の名言|プロジェクトが上手くいくかどうかは段取りにかかっている

多くの人間と、さまざまなタスクを動かしながら、納期までに全体を完成させるプロジェクトがうまくいくかどうかは、まさに段取りが命運を握っているといってもいい。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

本質を見抜く目は一朝一夕に身につけられるものではありません。日々の仕事において現場を見たり、自分の考えを実行していく中で、徐々に磨いていくしかないでしょう。

坂根正弘の名言|本質を見抜く目を持つには


失敗事例を学べば、同じような失敗は必ず避けられる。失敗に学ぶことで、失敗を恐れない決断を下すことができるのではないだろうか。

木川眞の名言|失敗事例を学べば、同じような失敗は必ず避けられる


些細なことでも楽しみを見出していくと、仕事にも身が入る。すると、仕事ができるようになり、ますます楽しくなる。

森下一喜の名言|仕事を楽しくするには


30代以前に求められるスキルを文字で表わすなら、アルファベットの「I」。自分がやりたいことに向かって一直線に突き進めばいい。でも、40代から求められるのは「T」。横の線が加わって広がりが生まれ、周囲もよく見ながら前に進む方法を考えなくてはいけません。物事を捉える視野や知識、人脈など、さまざまな点で意識的に横への広がりを作っていくべき。

清水克彦の名言|40代は「T」型に


人を育てるというのは、立派な社会人を育てるのと同時に、経営のわかる人、どんな小さな仕事でも経営的な感覚を持ってできる職業人を育てることです。そのためには、まずしっかりとした経営理念を持つことが先決ではないでしょうか。

鑄方貞了の名言|まずしっかりとした経営理念を持つことが先決


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ