大前研一の名言|プロジェクトが上手くいくかどうかは段取りにかかっている

多くの人間と、さまざまなタスクを動かしながら、納期までに全体を完成させるプロジェクトがうまくいくかどうかは、まさに段取りが命運を握っているといってもいい。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

コピーはどこまで行ってもコピーです。本物には、逆立ちしたってかなわない。

未知なる文化をとり入れ、新しい価値に気づけば、その先に新しい市場が生まれるのです。

羨望というのは、他人の幸福が我慢できない怒りなのだ。

プレゼンでは資料を作るとともにストーリーを構築しておくことは、もちろん大事。ただ、相手の発言に合わせて、臨機応変に対応できないと話が止まってしまう。話の展開によっては、事前に考えた構成を「捨てる」勇気も必要です。私はどんな展開にも対応できるよう、プラスアルファの資料も用意しています。

インターネットの時代のいいところは、仮に間違っても、すぐに修正が利くことです。昔は工場にラインをつくって売れない製品を大量生産してしまったら大変なことになりました。いまは、たとえばウェブサービスなどをとりあえずつくってみて、問題があったらすぐに修正することができる。インターネットビジネスでなくても、顧客からのフィードバックを得られるスピードが上がっていますから、方向転換が容易になっています。つまり、昔とは決断の重みが違うのです。どんどん決断して、どんどん動いて、フィードバックを読み取って、また判断すればいいのです。

身体はきわめてシンプルにできています。働いたぶんだけ休ませれば回復するのです。どの疲れにも休養は有効。ですから、業務の合い間や週末などには疲れていなくても、予防的に休みを取るべきです。頭では疲労を感じていなくても、身体が疲れているケースがあるからです。

日本がバブルを迎える少し前に、私が最初の会社でロサンゼルスに駐在されている人たちと夜のお付き合いやゴルフを一緒にさせていただき、米国ロサンゼルスの有名なリビエラカントリークラブを借り切って大学対抗ゴルフコンペをしたりして、非常に楽しい人間関係を作れました。ビジネスには人間関係が一番大事なのだということを、この米国駐在中に学びました。

失敗を恐れて、いまの能力でこなせる仕事をつづけても進歩がありません。能力以上の仕事に挑戦してこそ成長があるのです。難しい仕事にチャレンジすれば、一度や二度の失敗はあって当然です。

まずはマネジメントチームに「私はこう思う」と伝えます。私はいつも、「そうですね、平井さん」という意見は一番聞きたくない、と言っているので、いろんな意見が出てきます。

変化に対応していくためには、利益率が大きくなければなりません。規模ではなく、大切なのは利益率です。いくら売上規模が何兆円あっても、営業利益率が3%程度では、変化のための投資にお金を回せません。仕方なく銀行から借り入れることになりますが、他人の資本を入れてしまうと経営に口出しされて、どうしても横並びの前例主義にならざるを得なくなる。その結果、大胆でスピーディーな経営判断ができなくなり、変化に対応できなくなってしまうのです。これが、日本の多くの大企業が陥っている悲劇です。

ページの先頭へ