大前研一の名言|プロジェクトが上手くいくかどうかは段取りにかかっている

このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの人間と、さまざまなタスクを動かしながら、納期までに全体を完成させるプロジェクトがうまくいくかどうかは、まさに段取りが命運を握っているといってもいい。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私たち弁護士にとって、依頼人とのやり取りや法廷の尋問で質問することが欠かせません。いわば弁護士は質問のプロです。それはたくさんの質問をしているだけではなく、目的を明確にしたうえで訓練をしているからです。たとえば法廷での尋問には、「依頼人にとって有利な情報を引き出す」という明確な目的があります。この目的を意識して実践を繰り返すから質問力が磨かれるのです。ですから、質問力を高めるためにまずやるべきなのは、自分にとっての質問の目的をはっきりさせることです。

我々が事業を行うのはお客様のため、日本の不動産業界のため。「私心」だけでやっているのではありません。(上場した理由のひとつは)「公」の企業にしようという思いでした。

ほとんどの場合、大企業は技術革新を生み出すような想像力ある情熱家たちを許容できない。というのも、革新はビジネスの本流から遠く離れたところで発生するからであり、そういった技術は発生の初期にはあまり有望には思えず、そんなものに偏執する人々は組織の論理からすれば非合理な存在として抹消されてしまうのだ。

長らく人事畑を歩んできて、とくに苦心したのは人員削減の場面です。労務コストの削減は会社として仕方のない判断でしょう。しかしいくら経営論を振りかざしても、そこから去る人の耳には理不尽に響きます。そこに人事の難しさがあります。

成長は、会社を存続させる上で欠かせない要素のひとつではある。しかし、成長は手段であって目的ではない。ここを間違えるから会社がおかしくなる。

人生というものは極めて短いものであり、夢、幻のようなものである。誹(そし)りを受けることも、褒められることも一瞬である。栄えることも衰えることも瞬時である。はかない人生である中で、ひとつだけでいい、永遠に朽ちない事柄をなし遂げられれば十分である。

リーダーになったら「自分1人でできることは限られている」と早く気づくことが重要。

ページの先頭へ