大前研一の名言|本当の意味で仕事を速くするには

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分だけ仕事が速くなっても、それじゃまだ、本当の意味で仕事が速くなったことにはならない。なぜなら、仕事の本質は共同作業だからだ。たとえば、企画書をつくるときだって、他部署から資料をもらったり、内容を上司に確認してもらったり、必ず複数の人間が関わっているだろ。途中で肝心の資料が出てこないとか、上司が出張中でハンコがもらえないとかいうことになれば、いくら自分だけ速く仕事をやっても、結局スピードは落ちてしまうじゃないか。だから、自分の仕事の段取りだけじゃなく、ほかの人にどうやって仕事を頼むか、その段取りも考えないと、仕事のスピードは上がらないのだ。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日興証券で営業マンをしていた私の経験からすれば、「またコイツか」と営業先に思われたらしめたものでした。しつこくすると嫌がられるのではないかと心配する人もいるでしょう。しかし、そう思っているのは実は営業マンだけです。「コイツは熱心だな」と思わせれば、相手は話を聞いてくれるものです。

本音は必ずしも言葉で出てくるとは限りません。表情に表れるかもしれないし、身ぶりに表れるかもしれない。声の調子かもしれません。

人で机の前でうなっていたけど、良い考えが浮かばない。そんなとき、詳しい人に意見を求めたら、あっさり答えが出た、ということはよくあることです。自分で考えられる範囲なんて、たかが知れていますからね。私自身、何かわからなかったり、迷うことがあったりすると、詳しい部下や他部署の人にすぐ意見を求めるようにしています。

グローバルに戦うのは、非常にハードルが高い。本社に寄って俺に報告なんかしなくていいから、世界で勝っていく方法を考えろ、と思っています。

問題解決の基本は疑問を持つこと。この結論が最善の結論だというところを疑ってみる。そうすると問題解決の糸口が見えてくる。

この一瞬は唯一のものであり、二度とありません。我々は全員、死に向かっていると考えれば、悩んだり怒ったりしている暇はありません。

アウトプットに不可欠なのが「暗記」というステップです。頭でわかっていても、重要な用語や数字を暗記していなければ、学習内容を解答用紙に再現することができません。それでは当然合格もできない。暗記さえすればすべての問題に解答できるわけではありませんが、暗記して再現することが、正解に近づく確実な方法であることは間違いありません。私のいう暗記とは、いわゆる丸暗記のことではありません。ここでいう暗記は、「なるほど、そういうことなのか」という理解を伴った暗記のことです。

ページの先頭へ