大前研一の名言|本当の意味で仕事を速くするには

自分だけ仕事が速くなっても、それじゃまだ、本当の意味で仕事が速くなったことにはならない。なぜなら、仕事の本質は共同作業だからだ。たとえば、企画書をつくるときだって、他部署から資料をもらったり、内容を上司に確認してもらったり、必ず複数の人間が関わっているだろ。途中で肝心の資料が出てこないとか、上司が出張中でハンコがもらえないとかいうことになれば、いくら自分だけ速く仕事をやっても、結局スピードは落ちてしまうじゃないか。だから、自分の仕事の段取りだけじゃなく、ほかの人にどうやって仕事を頼むか、その段取りも考えないと、仕事のスピードは上がらないのだ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

学びには、痛みが伴うもの。厳しい意見や仕事帰りの平日の夜に学ぶハードな経験が生きてくる。

中村聡の名言|学びには、痛みが伴うもの


ものごとを自分でトータルに知るのではなくて、情報はいちいち細分化されて専門化されて、各分野において個人が自立していればいいんだみたいに思い込まれているけど、そういう先入観でものごとをとらえていても、たとえば「この廃墟からどう立ち上がったらいいんだ」みたいなゼロから出発するためのノウハウはないままになってしまうんですよ。でも、本当はいまの時代はそういうものこそが求められているのではないでしょうか。

橋本治の名言|細分化、専門家された情報の弱点


安易に儲けようと思ったり、運がめぐってくるのを待っていてはダメだ。自分でチャンスを作るしかない。

森正文の名言|自分でチャンスを作るしかない


ニューヨークで設立した石油取引会社の失敗から、逆境かでも絶対逃げず、先頭に立って部下に背中を見せることを学んだ。会社を清算するときも、30人弱の従業員の雇用を守るため、再就職先を探して回った。当時の仲間とはその後もつきあいが続き、前回再び海外赴任したときは、新規ビジネスの開拓を手伝ってくれた。

國分文也の名言|リーダーは逆境でも逃げてはいけない


当たり前のことながら、ムダの多い会社は利益が出ません。『フォーチュン』誌の企業ランキングに載るような会社は、売上に対してムダの率が7%前後です。そうでないと、平均して15%から20%の利益は出せない。反対に、利益が1%の会社はムダが30%あると見てよい。これは人件費も含めてのムダです。

酒巻久の名言|売上に対するムダ率を確認することが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ