大前研一の名言|本当の意味で仕事を速くするには

自分だけ仕事が速くなっても、それじゃまだ、本当の意味で仕事が速くなったことにはならない。なぜなら、仕事の本質は共同作業だからだ。たとえば、企画書をつくるときだって、他部署から資料をもらったり、内容を上司に確認してもらったり、必ず複数の人間が関わっているだろ。途中で肝心の資料が出てこないとか、上司が出張中でハンコがもらえないとかいうことになれば、いくら自分だけ速く仕事をやっても、結局スピードは落ちてしまうじゃないか。だから、自分の仕事の段取りだけじゃなく、ほかの人にどうやって仕事を頼むか、その段取りも考えないと、仕事のスピードは上がらないのだ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ダウやデュポンに規模の面で追いつくことは難しいが、これまで積み重ねてきた他社には真似できない技術力がある。これらの技術を積み重ねて製品に結び付けていく。

パラダイムシフトの時代では、M&Aや提携、連携の重要性はますます高まります。すべて自前で賄いながら市場を攻略しようとすれば、それを担う人材の育成や確保に時間がかかり、手遅れになることが往々にしてあるからです。

当社では、WEB事業とともに、在宅サービスを展開していたのですが、やればやるほど介護専業大手と競合することになり、介護の領域をこのまま突き進むべきか悩みました。そんななか、我々のようなベンチャー企業が手掛けるべきなのは、「介護」ではなく「健康寿命延伸」のような分野ではないか、という想いが強まりました。介護の現場では、寝たきりとなる重度の要介護者を数多く見てきました。重度の要介護者にさせないために、もっとやるべきことがあると考えたわけです。そこで一気に軸足を介護予防に傾け始めたのがレコードブック事業です。

大人の話し方とは、どのような話し方でしょうか。私が考える大人の話し方の定義は、「確実性、信頼性を重視し、落ち着いた、重みのある話し方」「自分が公人であることを意識した、責任感のある言動」です。このような話し方をしていれば、顧客や部下などから信頼を得ることができます。

民主的な経営者であれば、多数決や合議を隠れ蓑に、責任を逃れることができます。一方、独裁体制ではトップが全部決断し、全責任を自分独りで引き受けなければならない。社長就任時にはもう63歳になっていましたが、あえて困難な道を選びました。

「質問形の褒め方」を上手に取り入れましょう。「○○さんの美肌の秘訣は何ですか?」など、教えを請う形で褒めるのです。人は質問されると答えようとしますから、必ず会話は続きます。相手も喜んで答えてくれるので、会話にも一気に弾みがつくでしょう。

景気は1、2年で上向く状況にはありません。「苦境に陥れば、陥るほど、我行かん」という心境とでも言ったらいいのでしょうか。命ある限りスズキを引っ張り続ける覚悟です。同時に、健康で体力があり突進する人を見つけて、一生懸命育てていきます。50年に及ぶ私の経験を伝えて、「伸びて縮んで、また伸びる」経営に舵を切ってほしい。ワンマン経営から、経営幹部による合議制への移行がスムーズに行われるように人を選び、健康な限り見守っていきます。

私はどちらかといえば人に優しくありたいと思う。そのほうが物事はうまく回る。エネルギーは余分に必要かもしれないが、それだけの価値ある結果が出るのは断言できる。

相手の人間的側面を知れば知るほど、距離が縮まる。これはセールスの成功法則として広く知られていますし、社内でも使うことができます。「○○さんがいないと、さみしいです」以外にも思う方もいらっしゃるでしょうが、このように仕事の場面でも、個人的感情を表すことで、相手の好意を得られ、交渉を有利に運ぶことができる場合があるのです。

わざと下手な英語を使うのには意味があります。そうすることで、一生懸命さが伝わり、相手は聴き取ろうと真剣に話を聞いてくれるからです。気持ちや熱意は、ちょっとした工夫でより伝わると思います。

ページの先頭へ