大前研一の名言|動く前に調べてみることの大切さ

新幹線に乗るにしても、どの便ならその日のスケジュールが一番段取りよくこなせるか、ネットを使って時刻表や乗り継ぎを調べておく。そうすると、この日は時間ギリギリまで事務所で仕事をするより、電源を使える席が空いている早めの便にして、車中で原稿を仕上げたほうがいいなどという計算が立つ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

組織が最大限の力を発揮するには、バラバラのタイプの人材が必要。

勝ち続けるには、過去の成功体験に頼らないことも大切。トップの選手はライバルたちに必ず研究される。トップに立った時こそ、新たな戦略を考え続けなければならない。

できる営業マンほど、お客様からの紹介で、次のお客様に出会っていくものです。ですから、購入してくれないからといって、失礼な態度を取るような営業マンは、新たなお客様との出会いを、自ら放棄しているようなものなのです。

仕事について語るときは必ず相手の意見を聞き、その見解を確かめましょう。意見を言ってもらった時点で相手を当事者として加えることができますし、どう協力してもらえるかも見極められます。

知識量を増やしても、人から直接学ぶリアルな経験には勝てない。

日本ではトイという子供向け玩具とはっきり区分されていませんが、ホビーは大人の趣味です。自動車だって、乗って楽しみ、外観にこだわるのなら、ホビーでしょう。エアガンなどのホビーを日本で広げようと思うなら、もっと大人が喜ぶものを真剣につくらないといけません。まだまだ努力が足りないと思います。

現状に不満があるなら、自分の力で現状を変える努力をする。それも自分を高める一つの生き方だと僕は思います。

小さくても自ら市場を作ってトップシェアを取ることが大事だと思っています。例えばコクヨの売上高はキングジムの約10倍もあります。でも、分厚いタイプのファイルでは完全にうちが勝っているわけです。ラベルライターはカシオ計算機も手掛けていますが、我が社の市場シェアが6割を占めます。

社長業の第一は、社の業績を上げることだと思っています。私が掲げるのはキリンビールの再成長です。売上高を上げると同時に、収益性を確保していきたいと考えています。いつも動いていないと気が済まない性格なので、積極的に仕掛けていこうと考えています。

割と皆さん、AかBかみたいな二項対立で議論することが多いんですよ。しかし、現実の経済の世界は二項対立ではありません。もう二項対立論で議論するのはやめた方がいい。

ページの先頭へ