大前研一の名言|仕事を早くするにはスケジュールに時間をかけることが大切

仕事を遅くしている原因は忙しいからと、スケジュールに時間をかけずにすぐに取りかかるから。最初にゴールまでの最短距離を描かなければ、どんなに速く走っても、遠回りは免れない。とくに複数の仕事を抱えている場合は、どれだけ効率のいい組み合わせを考えられるかで、勝負が決まるといってもいい。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どんな方向を目指すにしろ、行動をシンプルにすることが不可欠。

これまで蓄積してきたノウハウを生かし、他社がマネしたくてもマネできない製品を作っていく。それが、企業として優位性を持ち、生き残っていくためには欠かせない。

六本木の「メルセデス・ベンツ コネクション」も設立当初から会員の方にメールをお送りしており、今週は浴衣イベントをやります、来週はバーベキューをやります、再来週はどこそことコラボやりますと、絶え間なくイベントを打っていますが、お客様の反応は「次は何やるの?」です(笑)。顧客をつなぎ止めるためには、ポジティブなサプライズの連打が絶対に不可欠だということです。

コントロールができない不確定要素の動きによっては、最初に想定したゴールにたどり着けない場合も当然出てきます。しかし、想定したゴールにたどり着かないとわかった時点で、新たに意思決定を行い、軌道修正をすればいいだけです。

私が日本法人社長になったとき、スタッフと一緒に考えたのは「基本に戻って考えなおそう」ということでした。

自己報酬といっても、お金や地位といった自分にとっての幸福だけが、人間にとっての報酬ではありません。「家族を守ることができる」とか、「人々を幸せにする」といったことも、自分にとって大きな報酬なのです。

僕は先が見えない生き方のほうがはるかに楽しい。

人の心を育むのは普段の生活態度にほかならない。

安全については、近道はない。

オフィスには、一見仕事をするには必要なさそうな物を置きたいですね。気分転換に窓の外を眺めて仕事をするスペースがあったり、遊べるようなものがたくさんある、空間にしたいと思っています。将来的にはオフィスに階段を作ったり、和室を作ったり、遊び道具をたくさん置いたり…世界中の楽しいものを全部置きたいですね。

ページの先頭へ