大前研一の名言|仕事を早くするにはスケジュールに時間をかけることが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事を遅くしている原因は忙しいからと、スケジュールに時間をかけずにすぐに取りかかるから。最初にゴールまでの最短距離を描かなければ、どんなに速く走っても、遠回りは免れない。とくに複数の仕事を抱えている場合は、どれだけ効率のいい組み合わせを考えられるかで、勝負が決まるといってもいい。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

忘れてはならないのは、ITはあくまで道具であり、大事なのは使う人間の意識だということです。仕組みを作ったからと安心してしまってはいけません。何を目的として、どう使うかを明らかにする必要があるのです。

これまで世の中で常識とされてきたことに、自分を縛りつけないことが大切。個人ができることは、昔よりもずっと広がっているわけだから。

自然発生的なクチコミに勝るブランド形成はない。

一生懸命お礼のハガキを書いているのに返事が少ないと落ち込む人がいます。そういう人は、受け取った枚数より、自分が書いた枚数に目を向けるべきです。

我々はコンサルタント企業ではないですから、新事業をつくったりする必要はないんですが、ITを活用することによってこんなことができます、こんなサービスをつくれますということはできるんです。だから、お客様との対話を進めることによって、今までより一歩も二歩も突っ込んだ提案ができるような人材を我々は育成しなければなりません。

机上の勉強や資格を取得することが大切ではないとは言いませんが、それよりずっと重要なのは、現場に飛び込んで、どんどん体感することです。そして、いろんな失敗も経験してみるといい。トライ・アンド・エラーを繰り返していくうちに、仕事は楽しくなっていくし、成長も実感できるようになるはずです。ただし、同じ失敗は二度としないように。

目の前の仕事をやるべきか、やらざるべきか。それを判断するには、「自分の人生や成長プロセスにおいて、この仕事はどのような意味を持っているのか」という問いが欠かせません。たとえば上司から資料作成を指示されたら、それを単純作業として受け止めるのではなく、そこに自分の学びの材料が隠れているのではないかと考えることです。

ページの先頭へ