大前研一の名言|仕事の速さの前提はダンドリにある

仕事が遅い奴で一番目につくのは、やっぱり段取りが悪いところ。やみくもに頑張るだけじゃ、仕事のスピードは上がらない。この仕事はいつまでに終わらせなければならない、だが、こことここにはすでに予定が入っているから、作業時間はここしか取れない。そうしたら、この日までに資料を集めてもらうよう、いますぐメールで依頼する。こういう具合に、綿密なスケジュールを立ててから事に臨めば、いくつ仕事が重なったところで、じたばたすることはないはずだ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ベンチャーというのはロジックだけで押し進めていくのではなく、誰か1人の熱い夢や志や情熱があってはじめて「無理なんじゃないの?」というものが実現します。

宇佐美進典の名言|熱い夢や志や情熱があってはじめて実現する


どんなにいい仕組みをつくっても、経営は最終的には人だと思います。いい人材だと見込んだ人物がいて、ある部署の責任者に据えました。そうしたら、生産性は落ちるわ、経費はかかるわで、毎月1億円の赤字になりました。それで他の人に替え、半年後に2000万円の黒字にしました。

保木将夫の名言|経営は最終的には人


小説は取材なくしては書けない。取材は丈夫な足腰があってこそ。自分で会いに行けなくなったら引退かなと思いながら足腰を鍛えています。

高杉良の名言|取材に行けなくなったら引退かなと思いながら足腰を鍛えています


若い世代を育てるなら、積極的に声かけして説明を怠ってはいけない。もう「俺の背中を見て勝手に学べ」という時代ではないのだ。

常見陽平の名言|若い世代を育てるなら、積極的に声かけして説明を怠ってはいけない


我々はM&Aをする時、業績の数字で判断しません。その会社を買収することによって、我々にどんなプラスがあるのか、我々の手でどのように会社を変えられるか。そこがポイントです。変えることができる自信がなければ買収しません。

豊田昌洋の名言|買収するときの判断基準


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ