大前研一の名言|仕事の速さの前提はダンドリにある

仕事が遅い奴で一番目につくのは、やっぱり段取りが悪いところ。やみくもに頑張るだけじゃ、仕事のスピードは上がらない。この仕事はいつまでに終わらせなければならない、だが、こことここにはすでに予定が入っているから、作業時間はここしか取れない。そうしたら、この日までに資料を集めてもらうよう、いますぐメールで依頼する。こういう具合に、綿密なスケジュールを立ててから事に臨めば、いくつ仕事が重なったところで、じたばたすることはないはずだ。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

毎日、同じ仕事を繰り返していると、誰でも「自分はこれでいいのかな?」と不安になり、嫌気がさしてきます。そんなときに気持ちをリセットし、反復していける人は強いと思うのですが、最近はそういう人が少なくなっているようです。

20代のころは自分では努力しているつもりでも、それが空回って、人間関係が上手く築けませんでした。小学生のころある人に「あなたは将来いいことをする」と言われ、自分でも「人のためになることをしたい」と考えてきました。我が身を振り返ると、「人のためになること」が、逆に自分を縛っていたのかもしれません。つまり、自分のやることは「人のため」だから「いいこと」のはずだと、自分を常に正当化していた。そこの問題があったのではと。そのとき自分は、自分自身の答えばかりを求めて、周りに問うことをしてこなかったことに気づきました。

物を買うときでもサービスを受けるときでも、「もうこれでいいや」と思考を停止して、目の前のもので妥協する人がいますが、それではいつまで経ってもマネーリテラシーは高まりません。「本当にこれが一番良い条件なのか」「もっと良い条件のものはないか」。常にそんな意識を持ち、最善のものを探し出すことが重要ですし、マネーリテラシーの高い方々はそうしていると思います。

外食ビジネスは、昨今、1~2年で初期投資を回収するのが一般的です。ところがHUBは、ブリティッシュ・パブ風のテイストを重視するため、費用をかけてしっかりと作り込みます。どんなに良い物件でも居抜きというわけにはいきません。すると、投資回収に5~6年はかかるため、決して優れたビジネスモデルではないように映ります。他社があまり参入しない理由は、ここにあるのかもしれません。

下っ端の僕の席から部長の席までの距離は、たった十数メートル。でもその距離を縮めるのに30年かかると思うと、つまらなくも思えました。敷かれたレールから外れ、どこにたどり着くかわからない曲がりくねった道を進んだ方が、面白いんじゃないかと思った。
【覚え書き|脱サラした当時を振り返って】

学生が入社したい会社であるほど、社員も家族もいい会社で働いているという誇りを持てるようになります。
【覚書き|大学生の就職人気ランキングで50位以内を目指すことにした理由について語った言葉】

人から敬礼をお受けなされたときの御挨拶も、目で礼をなされたようにお見受けしましたが、あれもまた軽々しい振る舞いと思いました。今後はよくおかがみになってていねいになさるがよろしいと存じます。

私は入社以来、技術畑を歩み、30代はじめでプロジェクトマネジャーとして高速複写機の開発を任されました。100人の社員を率いて2年半で製品化を目指すプロジェクトです。そこでの仕事は顧客や営業部門の声を聞き出し、開発コンセプトをまとめることから始まります。プロジェクトを計画通り推進していくには、まず自身が率先垂範して技術提案していくリーダーシップが不可欠でしたし、プロジェクトの進捗状況の見える化も必要でした。

組織の歯車になっちゃダメ。歯車を動かす存在にならなきゃ、どこの会社に行っても、どんな仕事をしても、使い減らされちゃうんだよ。

叫び声でしか届かないものもあると思う。

ページの先頭へ