大前研一の名言|仕事のスピードを上げるには切実感が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの人が仕事のスピードが上がらないのは、身をもってスピードの価値を感じたことがないからだ。私はこれまでいくつもプロジェクトを手がけてきたが、プロジェクトというのは完成が遅れると、1日につき1000分の1のペナルティーを支払うというのが業界の常識だ。1000分の1といっても、1000億円のプロジェクトともなれば1億円。そういう経験をしてきていないから、口ではスピードアップしたいといいながら、どこか切実感が足りないのだろう。


大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

スピーチを上達させるには、スピーチを聞くことが大切なように、文章を上達させるには文章を読むことです。本や新聞を読み、知らない言葉があれば意味を調べ、できればメモをする習慣をつけたいものです。

ラグビーならパスやタックルという基礎ができていないと、ゲームで常に一定のパフォーマンスが発揮できません。この基礎を固めるには、ルーティンワークは不可欠です。また、ルーディンワークには、これだけやったのだから必ずできる、という自己効力感を選手に抱かせるという効能もあります。

積もった塵は、心の塵でもある。身辺を整えるということは心を磨き、整えることにつながる。

利益率を高めるには、無駄を排除し製造原価を下げて、販売量を増やすしかない。売上高が安定して伸びれば工場の設備投資に資金が回せ、商品開発も活発になり売れる商品をたくさん作れます。

銀行に勤めていた頃、多くの資産家の方と接する機会がありましたが、たとえ何千万円もの預貯金を持っていても、それだけではなかなか幸せや安心を得られない。どうしても、預貯金が目減りしていくことに目が向いてしまうのです。一方で、毎月数十万円が入ってくる仕組みを持っている人は、明るい顔で楽しい毎日を送っていらっしゃいました。

開幕投手を任せた斎藤佑樹をシーズン途中で二軍に降格させたのは、彼が周囲を納得させるだけのピッチングを続けることができなかったからです。何試合連続して打たれたからダメといったことではなく、周囲を納得させられるラインをクリアしているかどうかが、判断基準になりました。

頭は良し悪しよりも、柔らかいのがいい。

ページの先頭へ