大前研一の名言|仕事のスピードを上げるには切実感が必要

多くの人が仕事のスピードが上がらないのは、身をもってスピードの価値を感じたことがないからだ。私はこれまでいくつもプロジェクトを手がけてきたが、プロジェクトというのは完成が遅れると、1日につき1000分の1のペナルティーを支払うというのが業界の常識だ。1000分の1といっても、1000億円のプロジェクトともなれば1億円。そういう経験をしてきていないから、口ではスピードアップしたいといいながら、どこか切実感が足りないのだろう。

大前研一 の経歴

大前研一、おおまえ・けんいち。日本の経営コンサルタント、経済評論家。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程で工学博士号取得。日立製作所に入社し、高速増殖炉の設計に携わる。2年後米国マッキンゼーに移り、日本支社長、アジア太平洋支局長、日本法人会長などを務めたのち独立。経営コンサルタント、ビジネス・ブレークスルー大学学長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教授などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

かつては販売する商品単位の知識があれば売り場に立てました。いまは、それだけでは不十分です。様々な家電や機器がネットワークにつながり高機能化、多機能化しているため、販売員には個々の商品にとどまらない説明が求められます。

安井豊明の名言・格言|販売に広い知識が求められている


「捨てる」とは「割り切る」ことでもあります。「何かを選べば何かを失う可能性がある」という真理を割り切って受け止めることができれば、「捨てる」ことはそれほど悩みを誘う行為ではなくなります。

奈良雅弘の名言|捨てることに悩まなくて済むには


仕事場の整理で重要なのは、仕事の生産性を高めるための整理術。整理をすることで仕事の段取り力が上がったり、新しいアイデアが生み出しやすくなります。無駄な作業の時間をできる限り減らし、効率的に仕事を進め、果ては利益を生むための整理なのです。

高原真由美の名言|仕事場の整理で大切なこと


まもなく還暦を迎えるということで、やり残したことを思い返してみたのです。還暦を迎えるのに、それは一回人間をやめるということですから、それまでに人生で遣り残したことはないだろうかと考えました。後になって、あれだけはやっておけばよかったと後悔したくないと思いました。
【覚え書き|58歳で上場を志し、74歳で上場を果たしたことについて】

吉野佳秀の名言|あれだけはやっておけばよかったと後悔したくない


普段から部下のことをよく観察しておくことが大事です。それによって、同じ「大丈夫です」という返事を聞いても、声の感じから、「本音は不安なんだな」とか、「今日は自信がありそうだな」というようなことまで察することができるようになります。そうして、相手の気持ちや何を考えているのかを掴んだうえで、それに応じた話し方をすると、伝わりやすさは段違いに高まります。

平尾誠二の名言|普段から部下を観察する重要性


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ