鈴木敏文の名言格言|やっても結果が出ないと言って諦める必要はない

このエントリーをはてなブックマークに追加

数値の変化にはある一定レベルに達すると、一気に急増カーブが立ち上がる「爆発点」がある。セブンイレブンも新しい地域に出店しはじめた頃は、一店舗あたりの平均日販の伸びは緩やかですが、その地域での店舗数が一定レベルまで増えると顧客認知度が高まり、日販カーブが急激に立ち上がる。これが爆発点。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

成功の鍵は、的を見失わないことだ。自分が最も力を発揮できる範囲を見極め、そこに時間とエネルギーを集中することである。会社の価値観や報奨のシステムもこの考えを反映すべきである。

「すること」を決めるのは簡単だ。難しいのは「しないこと」を決めることだ。

経営を成功させるには、まずやり続けること。そしてあとは、運じゃないですか?運は環境で作られます。「自分で運を作る」こと。ですから成功するような環境にいなさいということです。たとえば、外食産業で成功しようと思ったら、いま伸びている企業に飛び込むんです。それでなるべく、その経営者のそばで仕事をさせてもらう。そこからスタートしていけば、いくらだってチャンスはあるんです。

企業の盛衰は商品の持つライフサイクルに影響を受けるものであって、いかに優秀な経営者でも、商品のライフサイクルが悪い状態のときにはいかんともしがたい。

どんな場合にも情熱が大切な要素であることは確かだ。いかに優れた事業計画でも、それを推進する人たちの熱意と誠意がなければ成果を上げることはできない。

長期的な視野で企業にいい循環をもたらそうと思ったら、大切なのは細かいことの積み重ねだ。今は悪くなっている企業も、そうなる前にはいい循環が起きていたはずで、それは一朝一夕に作られたものではない。多くの先輩たちが、地道にコツコツと日常的な作業を積み重ねてきたことが、いい循環の土壌になっている。それを取り戻すための近道はない。同じように、細かいことを一つ一つ積み上げていくしかない。企業活動の循環は山登りにも似ていると言えるだろう。

知恵で勝負することが重要なのです。慣習・形式・権威にとらわれないでチャレンジするそれがベンチャースビリッツです。事業の成功は、精一杯チャレンジを続けていれば後は確率論の問題です。失敗を恐れずに、様々な手段を次々に試していれば、必ずどこかで当ります。卵は数を生まないと、試練に耐える鮭は生まれてこないわけです。

市場規模が小さな商品や市場規模が小さな地域でも、実際に一位になるには5から7年と長い間努力を続けなければなりません。どこの地域にも必ず競争相手がいます。しかもその中に手ごわい競争相手がいればもっと長い年月がかかるでしょう。

神谷商事の設立とその失敗を通じて、ひとつの人生観を体得した。それは、過去のことにくよくよせず、大勢を見通したうえで、その流れに逆らわず、新しい人生を求めよという考え方である。
【覚書き:三井物産退社後、鉄鋼問屋神谷商事で起業するも、金融恐慌の経済混迷で廃業に追い込まれた時を振り返っての発言】

表面的な部分だけでリーダーになろうとするな。小手先の技に走れば、いずれ周りの人から底の浅さを見透かされてしまう。チームをうまく率いるための最大のポイントは高度な理論を学ぶことでも、高度なテクニックを身につけることでもなく、あなたがチームの中をひたすら歩きまわって真剣にメンバー一人一人とコミュニケーションをとることなのだ

ページの先頭へ