アランの名言|気分を変えるには体を動かすことが正しい方法

気分に逆らうのは、判断力の問題ではない。判断はこの場合なんの役にも立たない。そうではなく、態度を変えて適当な運動をやってみる必要があるのだ。というのは、我々自身のうちで、筋肉というモーターが我々の支配しうる唯一の部分だからである。微笑や、首をすくめることは、心労に対する天下周知の操作である。

アラン(哲学者) の経歴

エミール=オーギュスト・シャルティエ。「アラン」というペンネームで知られているフランスの哲学者、教師。フランスのノルマンディー地方出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後に高校の哲学教師になる。その後、アランの名でデペーシュ・ド・ルーアン紙に哲学コラムを寄稿し続けた。46歳で第一次世界大戦に志願し従軍。その後、65歳まで教職を続けたのち、83歳で亡くなるまで執筆活動を行った。幸福についてのコラムをまとめた『幸福論』はいまなお多くの愛読者を持つ。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

50代は「いつまで働くか」を自分で決められる状態にしておくことが重要になります。ただし「何もしない自由」ではなく、「何かしたくなったらできる自由」を獲得するのです。現在の勤務先で継続雇用される、転職を試みる、独立して起業するといった具合に、進む道は何本もあります。そして、いずれの道に進んでも大丈夫なように、いまから自分の能力を高めていくのです。

今、現場の最前線で何が起きているかまで、1人では把握できません。苦戦しているとか、勝っているとかいう生々しい話が最前線から集まってくるから、皆が知識を共有して、正しい判断ができる。限られた情報で決める方がリスクは大きいですよ。

マラソンはよく人生にたとえられます。30代は、マラソンでいえばまだ折り返し地点にも達していない年齢でしょう。いま先頭を走っている人が、最初にゴールできるとは限りません。また、たとえ最後にゴールしたとしても、その人が走った道のりからは、何か必ず得るものがあるはずです。大切なのは、なぜ自分は走るのか、自分なりの答えを見つけることではないかと思います。

需要と供給のバランスがわりと重視される世界なので、そこさえ押さえておけば、この先どういった方向に行くかは結構読めると思うんですよ。

私は、目の前に差し出された課題を、一所懸命やり続けてきただけです。

日本生命は営業職員を中心にいくつかの販売チャネルを持っていますが、それらが併存するだけでは意味がなく、お互いが連携してこそ真価が発揮されます。

破綻企業に「儲ける力」が残されているか否か。「儲ける力」の「エンジン(源泉)」は何か。この2つの論点にしっかりと答えが出せるなら、実現可能な再生の青写真が見えてくる。

大切なのは、どのような思考の特性を持っていれば成功する確率が高いか、ということではありません。自分の持つ思考の特性を客観的に理解した上で、自分に適した努力の仕方をすれば、どのようなタイプも成功できるということ。

(東日本大震災時)社員は自ら手を上げて被災地入りし、受付、書類整理、損害調査の三種の仕事にあたりました。スタッフ部門の社員や部長クラスまで志願しました。彼らは返ってくると、口々に「行ってよかった」『保険会社の仕事をしていてよかった」と感想を述べます。未曽有の災害にあって、我々の存在意義、プロ意識が再確認されたのは大きな出来事でした。

人の話を聴くのは簡単なようでいて案外難しい。たとえばインタビューでも、相手の答えに対してズレた質問をする人がいますよね。これは相手の答えの要点をよく理解していないから。相手の言っていることを聴かずに、「きっとこういうことが言いたいのだろう」と勝手に解釈するから会話がかみ合わなくなるのです。

ページの先頭へ