アランの名言|不幸を考えられるのは幸福

死におそわれるのは生者のみであり、不幸の重荷を考えるのは、幸福な人たちのみである。

アラン(哲学者) の経歴

エミール=オーギュスト・シャルティエ。「アラン」というペンネームで知られているフランスの哲学者、教師。フランスのノルマンディー地方出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後に高校の哲学教師になる。その後、アランの名でデペーシュ・ド・ルーアン紙に哲学コラムを寄稿し続けた。46歳で第一次世界大戦に志願し従軍。その後、65歳まで教職を続けたのち、83歳で亡くなるまで執筆活動を行った。幸福についてのコラムをまとめた『幸福論』はいまなお多くの愛読者を持つ。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ベンチャーといえば聞こえはいいですが、中小企業ですから、自分たちで大きな広告宣伝をしたり、投資するというのは難しいですよね。でも、その部分はパートナーである通信事業者がやってくれて、自分たちはユーザーが喜ぶようなコンテンツ作りに専念していけば、結局レベニューシェア(※)という形で自分たちにも収益が入ってくる。そこがこのビジネスモデルの素晴らしいところだと思います。【覚書|※レベニュー・シェアとは、パートナーとして提携しリスクを共有しながら、相互の協力で生み出した利益をあらかじめ決めておいた配分率でシェアすること。】

製品には、つくった人の心が現れる。粗雑な人がつくったものは粗雑なものに、繊細な人がつくったものは繊細なものになる。「製品の語りかける声に耳をすます」くらいに、繊細で集中した取り組みで、製品をつくり上げるようにしなければならない。

私は常に、会社をより安定させたいと考えていました。そのために、次から次へと挑戦していく必要があったのです。つまり、会社を安定させるために、事業を大きくしていき、業界ナンバーワンを目指したのです。

その家の主人が家内の者を失うということは、手足を斬るようなものであるから、最もいけないことである。これまでは、家中の者どももあなたを褒めているように聞いていたが、万一にも見苦しいことを行なったならば、意外にも見下げられることであるから、よくよく注意せねばならない。

北極に初めて行ったときも、かなり強引でした。高校を卒業した直後、北極の調査隊にアシスタントとして同行できるチャンスを得ました。でも両親は大学に行くことを希望していたので、パスポートの申請書類に父親の筆跡でサインし、アルバイトで稼いだお金を携えて、「ちょっとキャンプに行ってくる」と出かけたのです。もちろん数カ月に及ぶ調査ですから、渡航中に自宅に電話をかけ事情を話しましたが……。母親は怒り心頭に発したようですが、それでも私は行きたかったのです。

私が常々口にしているのは、「やっぱり、なるほど、ずっと!」と思ってもらえるような人になろうということです。パーソナルブランドを確立させようということです。ただしそれには、自身が成功体験を実感し、まわりからも認めてもらう人間になることが前提です。実現するには、モチベーションの維持も必要です。

信頼関係というものは相互のもの。私は仲間一人ひとりが大好きで、心から信頼してきたからこそ、私自身を信頼してもらうこともできたのだと思っています。

油ショックは産業構造を変えるための「陣痛」だな。だから油ショックを機会に、みんなが何とかしなければならないんだよ。

リストラだけでは、長期的に競争力のある経営はできない。企業と社会の利益は二項対立ではない。両者が同じ方向を向いている企業が求められるし、収益を出している企業も少なくない。企業のあり方がかなり変わってきたな、と感じている。

日本に足りないものは、「VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)」です。これを簡単に言うと、どうやって商品を見せるか、どうプレゼンテーションするか、です。

ページの先頭へ