アランの名言|聞けば少しは信用するに違いない

不信の力とは、宣託を聞こうとしないことである。聞けば少しは信用するに違いない。

アラン(哲学者) の経歴

エミール=オーギュスト・シャルティエ。「アラン」というペンネームで知られているフランスの哲学者、教師。フランスのノルマンディー地方出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後に高校の哲学教師になる。その後、アランの名でデペーシュ・ド・ルーアン紙に哲学コラムを寄稿し続けた。46歳で第一次世界大戦に志願し従軍。その後、65歳まで教職を続けたのち、83歳で亡くなるまで執筆活動を行った。幸福についてのコラムをまとめた『幸福論』はいまなお多くの愛読者を持つ。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

問題の見方こそが問題なのである。「問題を一刻も早く解決してくれるような手っ取り早い解決方法はないだろうか」自らの問題に直面したとき、あなたはいつもこう思ってはいないだろうか。こうした即効性ばかりを求める問題の見方こそが問題なのである。

仕事には「好き」が必須です。「好き」になれば、自然と真剣に考えるようになるから、様々なアイデアが生まれやすくなるじゃないですか。

最初の3カ月は惨憺たるものでした。テスト営業の結果は、1カ月の売り上げが数千円という状況で……。しかし、理屈より「英会話のレッスンを格安で提供し、海外で活躍する日本人をたくさん輩出したい」という思いが勝ちました。サイトやレッスン形式の改善など、できることはまだあると感じていたこともあり、勤めていた会社を辞めて本格的に起業しました。

経営者のあるべき姿は、よく学び、そこから導き出した理念に基づいて、勇気を持って人の行かぬ道を歩める人。そして、時代を読みながら、次世代の経営者や社員たちのために必要な研究開発投資ができる人。

自活の道を知らない者は、独立した男子ではない。

新しいスタンダードがつくりたい、といつも思っているんです。それは自分の中の問題なんだけれどね。お客さんにとっては、望むものが出てきて、楽しいことが一番だろうから。

タスクの量だけでなく、情報量も均等化することが時間短縮の秘訣です。双方がどんな用事にも即対応できる状態であれば、安心して目の前の仕事に集中でき、ひいては効率も上がるからです。

スキルは時とともに陳腐化しますが、センスは劣化しません。江戸時代に商売のセンスがあってうまくいった人との読書による対話は、いまの時代にも有用です。もちろん漫然と読むだけでは、センスをつかむことは難しいでしょう。この人は、どういうことが好きで、どういうセンスがあるのかなと考えながら読む。その姿勢が大切です。

若手を選抜して、「経理規定を含めてシステムを抜本的に変えたい。3か月でやってくれ」と頼みました。中間報告を聞くと、稚拙な点が目立ちました。「なんでこんなものになるんだ」と正直思いましたが、ここで彼らを否定すると、プロジェクトがつぶれる。グッと我慢して、活動を見守りました。こうして生まれた経営の仕組みの改革案は期待以上でした。
【覚書き|松下電器の経営改革案をまとめたときを振り返っての発言】

弱い負荷しか体験したことのない人間は、強い負荷に耐えられない。「負」に対する免疫を作るためにはどん底を恐れてはいけない。いやむしろどん底をともにすべきだ。

ページの先頭へ