アランの名言|幸福になろうとする努力は決して無駄にはならない

幸福になろうとする努力は決して無駄にはならない。

アラン(哲学者) の経歴

エミール=オーギュスト・シャルティエ。「アラン」というペンネームで知られているフランスの哲学者、教師。フランスのノルマンディー地方出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後に高校の哲学教師になる。その後、アランの名でデペーシュ・ド・ルーアン紙に哲学コラムを寄稿し続けた。46歳で第一次世界大戦に志願し従軍。その後、65歳まで教職を続けたのち、83歳で亡くなるまで執筆活動を行った。幸福についてのコラムをまとめた『幸福論』はいまなお多くの愛読者を持つ。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

紙の書類を減らすことが必須でした。そこで、社員に1人1台ずつ、タブレットの「Surface」を支給しました。今は5万円程度で買えるタブレットもありますが、あえて1台あたり15万円のものを選びました。以前の弊社はIT投資が少なかったという反省もあり、お金をかけることにためらいはありませんでしたね。それに大きな投資をすれば、社員たちに「タブレットをちゃんと活用してくれないと、お金をかけた意味がないじゃないか」と文句を言えますから(笑)。

「大富豪の朝は早い」は世界共通のようです。投資家の方は起きるとまずロンドン市場ニューヨーク市場の動向をチェック。それから新聞各紙にさっと目を通し、特に予定がなければ、朝食がわりにフレッシュ・ジュースやサラダなどをお召し上がりになります。7時頃からブレックファースト・ミーティングを始められる方も珍しくありません。

リスクに見舞われたときこそ、経営者は前を見ないといけない。大局観を失わず、恐れずに動くべきだろう。

終点はありません。企業は満足したらそれで終わりです。

経営内容を向上させるために様々な施策を講じています。とにかく常に新しいことに挑戦し、たとえわずかずつでも前に進むことが大切です。

人と違う結果を生み出したければ、みんなと同じことをしていてはダメ。

人生の選択肢ってそんなにあるわけじゃないんです。だったら好きなことん探すよりも、やっていることを好きになって没頭するほうがはるかに幸せじゃないかと思うようになって。一番いけないのは、もう、いい球は行っちゃったから来ないと思ってしまうことです。そうじゃない。またいつか必ず来るんです。

日本には世界で最も生産性の高い製造業と、そのほかの非常に生産性が低い産業が混在しています。二重の経済が混在しているのです。教育は好例でしょう。日本が製造業以外の分野においても生産性を向上させ、人口減少下でも経済の成長を維持していく最初の国になることを期待しています。

ビジネスマンにとって必要な資質とはなんでしょう。受験時代までは記憶力が重視されてきました。多くの知識を詰め込み、必要に応じて引き出していく能力です。しかし、いまの時代、単なる情報ならコンピュータで検索収集できます。問題は、いかにして、その集めた情報をアウトプットしていけるか。どれだけそこに新たな付加価値を付け加えられるか。創造性がかつてないほど必要とされる時代になってきました。

時間的展望がない人は、いましかみえないので、「今日やらなくても何とかなった」と安心してしまう。締め切りの期日が迫ると、ようやく必死になって仕事をこなしますが、何とか納期に間に合うと、そこでまた安心して頭のなかが初期化されてしまう。だから翌月も同じように、ぎりぎりまでやらないという状況を繰り返してしまうのです。

ページの先頭へ