アランの名言|不幸の原因は他愛もないこと

実際には、幸福や不幸の原因というものはなんでもないのだ。いっさいは我々の肉体とその作用とにかかっている。そしてどんな頑丈な体格だって毎日、緊張から沈滞へ、沈滞から緊張へと、しかもたいがいは食事や、歩行や、注意の努力、読書、天気の具合などにつれて、移っていくものである。君の気分は、それによって上下すること、まるで波の上の舟と同じことだ。そういうものはたいていは取るに足りないものである。何かしているあいだは、少しも気にならない。ところが、それを考える暇ができ、丹念に考えだすと、たちまち小さな理由が大挙して押しよせてくる。

アラン(哲学者) の経歴

エミール=オーギュスト・シャルティエ。「アラン」というペンネームで知られているフランスの哲学者、教師。フランスのノルマンディー地方出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後に高校の哲学教師になる。その後、アランの名でデペーシュ・ド・ルーアン紙に哲学コラムを寄稿し続けた。46歳で第一次世界大戦に志願し従軍。その後、65歳まで教職を続けたのち、83歳で亡くなるまで執筆活動を行った。幸福についてのコラムをまとめた『幸福論』はいまなお多くの愛読者を持つ。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

責任を取らないスタンスが経営を悪くしている。今の経営者は社長ごっこ、もしくは代表取締役部長。組織経営とか言いますけど、全然意味が分からない。組織に責任なんて取らせられませんよ。責任はすべて個人が取る。代表取締役部長が無責任な経営をしている限り、今後も日本の先行きは暗い。

締め切り脳を維持する秘訣は2つ。原則は好きなことをすること。それが難しいときは緊張感を保てるテーマを見いだすこと。

時代が変わっても、伝統工芸の価値は変わらない。伝統ある宝物を次の世代に確実に継承していくためには、「マーケティング目線」をもちながら、常に磨きをかけていく必要がある。

まわりからの期待値が上がってしまうと、それに応えなければならないという「ねばならぬ思考」が起こります。これは苦しいですよ。そうなる前に「俺に期待してもムダだよ」と宣言して、相手の期待を削いでおく。これだけですごく楽になれます。

我々は、収益性と安定性を高いレベルで維持できる事業を「個性派事業」と定義しています。化学には数百というセグメントがありますが、各セグメントでプレーヤーの寡占化が起きています。それは、トップメーカーでないと生き残れないからです。だからこそ、各々の事業を個性派事業へと変貌させ、セグメントトップになりたいという考え方です。黒鉛電極事業もこの考えの下にM&Aを行い、世界トップシェアになりました。他の事業でも、有機的成長かM&Aか、状況に合わせてトップになるための手を打っていきます。

我々は、お客さまがご要望されることに応えていくことが第一の使命だと考えております。ですからいろいろな分野に挑戦しています。

私は、開業後1年間はまだ「開業準備の延長のOJT期間」ととらえるべきと思います。なぜなら、開業計画は雇用されている時の頭で考えているからです。完全に市場に身を置いた状態で考えたものではありません。ですから、最低1年やって自分の力量や市場を理解したうえで、本格的なプランを考えるべきです。

勝利に貢献できるコーチの条件とは何か。それはビジネスの世界にもあてはまると思いますが、職務や役割を全うする、チームに対して忠誠心や愛情を持つ、できることに対して100%のエネルギーを注ぐ、常に自分の能力を研鑽するよう努めるといったこと。

小学生のときから起業しようと思っていたので、就職は考えたことがありませんでした。ベンチャー企業のインターンに参加したのもそのため。その経験が起業のときに役立ちました。

結局ね、数に強くなりたいと願うなら、本を読んでいるだけではダメなんです。数字を作って、暗算して、電卓を必死に叩かないと。頭と手を必死に動かして数字センスを鍛えましょう。

ページの先頭へ