川村隆の名言|任せることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸い私の前の社長も、その前の社長も、その前の社長も100%任せてくれた。社長と会長を兼務させてもらったから、スピードが出せた。絶対に1年間で止血しようと思った。まさに出血している、金庫から毎日カネが流れ出ている感じでね。ものすごく怖かった。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日々の積み重ねによる開発力と大きな成果こそが会社の原動力です。そのためには、持続可能な開発体制がかかせません。

私はよく「1やって2やって3やるのではなく、1と2と3を並行してやれ」といいます。企画して市場調査してから実行していたら時間がかかる。新商品の発売にしても、リサーチ結果が出てからカタログや広告の印刷に取りかかったら遅い。「これでいけそうだ」と思ったら、仮説のもとに企画を立ててスタートしろ、ということです。たとえ、捨て金が発生しても、遅れるリスクよりは安い。リサーチは結果的に企業の質を検証するためにあればいい。そう考えているからです。

私も、忙しかった若いころでも、年に10日間は仕事のことを忘れて遊ぶ期間をつくっていました。それぐらいなら、若手のみなさんでも可能ではないでしょうか。

マネジメント層に求められるのは「すぐに作業にかかる人」ではなく、「何を解決すべきか即決できる人」です。

楽しそうに仕事をしている人は、自然とお客さんとの距離が近くなります。お客さんからの「ありがとう」メールを私たちは「魂のごちそう」、略して「たまごち」と呼んでいます。たまごちをゲットすると仕事が楽しくなり、どんどんのめり込むようになります。たまごちを早くゲットできるような仕事環境を積極的に作り出すことが一番いいと思っています。

うちの店長に必要な資質はいくつかあります。まずは『行動力』です。来店客層や数字を読んで、「うちの店は昼のサラリーマンが多い。定食をたくさんつくったろ」と思ったら、次の日から定食を並べる。知恵を集結して行動を起こすのです。次は、『部下のことを理解する力』です。パートさんもアルバイトも含めて、自分の店にいる人の性格と行動を読む。それによって、仕事場の配置を考えることができます。そして『愛嬌』。店長は部下を引っ張っていく存在です。上に立って人に指図する人間は人間性を問われます。

営業における失敗のほとんどは、準備不足によるものです。とくに初回営業では、下調べで相手に与える印象が大きく変わります。顧客がせっかく商談に時間を割いているのに、「御社の事業内容は?」などと聞けば、「それくらい調べてこいよ!」と怒られても仕方ありません。基本的な情報を調べるのは当然ですが、たとえば、商品の売れ行きや評判などについても、一歩踏み込んだ下調べをしておきたいものです。

ACCESSを経営していたころから、常に技術の進化が必要と思っていました。良い技術であっても、進化をしないとすぐに追いつかれます。特許で抑えても、大企業が本気でやれば周辺特許を抑えられてしまいます。継続的に進化するものでないと、長期的なビジネスは成功しません。そうでない場合は割りきって、優位性があるうちに売ったほうが良いです。

私は自分たちの経験した苦労を、大変貴重な経験だと思っている。しかし、最近は私たちのような苦難の味を知っている人がだんだん少なくなった。喜ぶべきか、悲しむべきかと、私はときどき迷うことがある。

どんなにグローバル企業になったとしても、我々のエアラインは最終的にはサービス業です。重要なことは、従業員一人一人が自発的に良いサービスを提供できる、そういう文化を作り上げることだと思います。

ページの先頭へ