川村隆の名言|改革は外にいた人間にしかできない

このエントリーをはてなブックマークに追加

ずっと社内にいた人間には改革は難しい。自分がその瞬間にやっているものに情が移っているから。もちろん情が移らないと仕事はできないが……。日立の中でも、財務の人間は冷静に見ているほうだが、それでもどこかの事業を切って捨てることはできない。私は外に出てから、日立はどうして自分たちが不得意な事業に執着しているんだろうと思っていた。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

行動が結果につながれば、やる気は再生産されます。そして、小さな結果の積み上げがより大きな結果へとつながり、モチベーションの持続につながっていきます。

問題は危機感を持ってお客様の声を真摯に聞く姿勢です。いくら市場調査をやっても、社員に緊張感や危機感がなければ、お客様の声をきっちりと聞くことはできません。

先日、小学校の教壇に立つ卒業生と話をしたのですが、彼女はまず生徒の言い分をじっくりと聞き、感情に寄り添うことが、困難な問題を氷解していく力になることを実感していると言っていました。

今後はグループ各社の事業のシナジー効果をさらに発揮させていきたいと思っています。レストラン事業を経営するグループ会社フードスコープにバーリントンハウス馬事公苑での食事の運営を委託するなど、コムスンの既存各施設介護、老人ホームやグループホームなどにも運営委託していますが、入居されているお客様からの評判が非常に高く、おかげさまで入居率が飛躍的に伸びました。こうした効果をどんどん引き出していきたい。

ひとつのサイトにはなるべく依存しない。

スペシャリストになると仕事のコツや勘所が見えてきます。これは、どんな仕事にも応用が利くのです。40歳以降は、それまでに培ってきた自分なりの仕事の仕方を、全部の仕事に応用していけばいい。そうすれば、結果としてどんなジャンルの仕事もこなせる人間になれます。

絵ってフェティシズムの表明じゃないかと思うんですよ。「自分はここにグッときているんだ」とバーンって。とっても恥ずかしい作業。でもそれが強烈に表現されているものは、やっぱり人の心を打つんですよね。

本は必ずしも全部読む必要はありません。メールマガジン用に、毎日一冊読むと決めていますが、そのための時間は一時間しかとっていないので、エッセンスとなる部分を探して読みます。じっくり読みたいと思う本は、時間に余裕がある週末に読むようにしています。

M&Aというのは、買収先の会社とその会社の人たちを自分たちの仲間に入れるものであるはずです。したがって、その人たちのことを尊敬しなければなりませんし、敬わなければなりません。みんなと一体になることを考えなければM&Aは失敗してしまう。

技術を追求する企業にとってはブランド力があると考え始めた瞬間こそ危機の始まりです。私はブランドを作ろうとは思いません。

ページの先頭へ