川村隆の名言|年寄りが長い間居座っている会社はダメですね

このエントリーをはてなブックマークに追加

年寄りが長い間居座っている会社はダメですね。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

店を閉じるのはしんどいですよ。お客様はいらっしゃるわけだし、閉鎖にはコストもかかります。不採算といっても、売上は立っているし、赤字でない限り利益も出している。健康なときには、わざわざしんどい思いをしてまで閉じなくてもいいんじゃないかと、問題を先送りにしてしまう。不健康になったら痛み出すのにです。

頭はお金儲けのためだけにあるわけではありません。私はお金持ちの人だから、偉いとは思っていません。ひとつのことを懸命にやっている人の方を尊敬します。ですから、大金持ちになる必要はない。中金持ちで十分だと言っているんです。

あなたは心得違いをしている。それは運が悪いのでもなし、神明の加護がないのでもない。ただ、あなたの願うことと、することが違うからいけないのだ。

僕は、説得で変わる人間なんていないと思っているんです。だから部下に対する会話でも、頭ごなしに命令するのではなくて、自分で気づくように持っていくことを意識しています。それにはやはり、相手のペースに合わせるのが一番なんです。

依頼内容を伝えるときは「いつまでに」「何を」「どうしてほしいのか」など、多くても3点に絞るのがコツ。最初から「ポイントは3つあります」と伝えれば、相手も頭の中で整理しやすく、何が重要なのかも分かる。

速読や多読によって多くの知恵を得ても、実はそこに大きな落とし穴があります。たとえば、「ドラッカーはこう言っている」「いま、アメリカの最先端はこうなっている」など、その博識に感心させられる人が、重要な企画会議でよいアイデアを出すかというと、必ずしもそうではありません。速読や多読の能力が、必ずしも創造性や洞察力につながらないからです。

プロジェクトが始動する際に僕はキャッチコピーから考えることにしています。キャッチコピーは、雑誌で取り上げられるとしたら、どんな見出しで取り上げられるかを意識して、そこからの逆算で考えます。そうすることでメディアからも取材をされやすくなるからです。

ページの先頭へ