川村隆の名言|会社に親玉が二人いたら絶対にスピードが出ない

このエントリーをはてなブックマークに追加

大事な案件については個人的には相談を受けています。私は取締役会議長としてガバナンスがメインの役目なのできちんとチェックをする。もちろん、最終的な意思決定は全部社長である中西(宏明)に任せています。会社というのは二人三脚ではダメ。部下から見て、親玉が二人いたら絶対にスピードが出ない。いくら仲がよくたって、微妙なところは違う。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今までは映画俳優がスターだったけど、今はキャラクターがスターだから、そこを間違えちゃいかん。キャラクターは歳を取らない、大変な財産だから。

私が考える部下道の第一歩は、体制に流されないものの見方をしないことからはじまる。ここでいう「体制」とは、会社の文化や考え方であり、一切脇目を振らない利益追求も含まれる。部下は会社から給与をもらって家族を養ってはいるが、一方では社会と関わりながら働いている。その社会との大きなかかわりの中で、個々の価値観を確立していく必要がある。

勝てるかどうか、ビジネスマンでいえば仕事ができるかどうかは、記憶力の良し悪しではなく、想起力、思い出す力にかかっているのです。だから、もしあなたが「こんなに勉強しているのにチャンスが巡ってこない」とジレンマを感じているのなら、一度インプットをやめてアウトプットに着目してください。

私はいまの子供は、足りないということを知らないのが問題だと思います。これは大人社会の影響であって、お腹が空くとか、我慢して小遣いを貯めて欲しいものを買うとか、そういう経験が少なく、欲しいと思ったらコンビニで簡単に手に入る世の中になってしまいました。その結果、我慢をすることを知らない子ばかりになってしまったような気がしてなりません。

困難なことでも、一通り経験しておけば、次に同じようなことが起こったとき、対処が可能です。

同僚と信頼関係を築く最も簡単な方法の1つは、「相手の話を確かに聞いていた」と、相手に示すことです。イベントに行く予定だと相手が話していたなら、どうだったか、後日、確認してみてください。新しいプロジェクトについて話していたなら、どう進んでいるか、聞いてみてください。朝からストレスがたまっているようだったら、午後にちょっと寄ってみるか、メッセージを送って、「どんな具合か」尋ねてみてください。シンプルに聞こえるでしょうが、こうしたフォローが、すぐに忘れ去られてしまう会話と、後々まで信頼関係を築くための社交上の「ほんのちょっとした休憩(会話)」との間に、大きな違いを生むのです。

『相棒』の場合はプロデューサー、脚本家、監督、役者、そのほかのスタッフも含めて、成功した過去の世界に安住しなかったから。やはり、シリーズは、ともすれば評判のいい部分に寄りかかりがちですが、我々は毎回新しい何かにトライすることを心がけています。

上司というものは心配性です。「お前に任せた」といっても、なるべく早い段階で方向性が間違っていないかを確認しておきたいものです。ギリギリのタイミングでまとめて報告されると、万が一間違っていたときにフォローできませんから。

他人のやり方が自分にもそのまま当てはまるとは限りません。私の場合も予備校のモデルプランをそのまま使うのではなく、自分流にカスタマイズした行程表に変えました。いまなら、インターネット上に公開されている合格体験記なども参考になると思います。合わなければやめて、別のやり方を試すというのを繰り返しながら、早く自分に最適なやり方を構築することです。

トップダウンだけでは組織は強くなれない。チーム力を発揮できてこそ高い壁も乗り越えられる。

ページの先頭へ