川村隆の名言|社内に自分の事業をきちっと黒字にしようという意識を醸成することの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日立の改革が数年で急速に進んだ理由は、意識改革をやったこと。一番大きかったのは、自分の事業をきちっと黒字にしようと各事業責任者の意識を変えたことです。どんぶり勘定でやっていた事業を社内カンパニーに区切り、収益はもちろんバランスシートにまで責任を持たせた。毎年IR説明会を行い、「ここはできました」「できません」「次はどうします」と言え、と。社内格付けを導入し、格付けが悪いからもうカネを貸さないというのをやった。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

もともと40歳くらいまでは、住宅やインテリアデザイン、イラストレーターとしての仕事がほとんどでした。それが福岡のホテルのアートディレクションを手がけた縁でJR九州の仕事に携わることになったのです。ですが、自分が素人であったことが、その後の仕事に生きてきました。

『ネジと紙幣』という舞台に出演した時、ある方から、こんなアドバイスをいただきました。「限りなく本物に近い偽物を演じるなら、思いきり偽物を演じたほうがいい」と。僕は人殺し役で、リアルを追求していたのですが、行き詰まってしまった。そんな時にその話を聞き、「リアルだけにこだわらなくてもいいんだ」と。きっと、こうした積み重ねが、芝居に対する考え方を広げるんだろうなと思っています。

会議を始める前には必ず「今日の会議の趣旨はなんでしたっけ?」というように、会議の目的を確認するようにしてください。それだけで会議の効率性は一気に上がるはずです。

サービスというのは、勘と経験、つまり暗黙知の側面が強いものです。例えば同じ系列のチェーン店でも、店舗によって差がありますよね。その店独自の工夫や個人の努力に依っているからノウハウが広がらない。成績の良い営業マンに、どういうノウハウがあるのかと聞いても多くの人は「たまたま、お客さんが良い人ばっかりなんですよ」と答える人もいて、言葉として説明出来ないケースが多い。

前例踏襲型の考えだけはするな。

どのように感じるかはあなた次第だ。

秘書がいるのに、手帳でスケジュールを管理するのは一見、非効率なようですが、秘書をつかまえて「今日、何があったっけ」「これが終わったら次は何」と聞いている方が効率が悪いと思います。とくに来客が連続するときなどは、先の予定でも最低でも1分か2分前に終わらせなければ、次のお客様を待たせることになります。一日のスケジュールを頭の中に入れておけば「次が詰まっているから1分前に終わろう」「次の場所へは5分で移動しなければ」と時間の流れをイメージできます。

将来の進路選択や就職に向けて充実した4年間を過ごすために、1年次から就職を意識させるカリキュラムを必修化しています。

我々は三大メガバンクや野村など大手証券とは違う独自のフィールドを探さなければならない。

だいたい武士の考えていることを推測すると、武士はただ死を覚悟すること、という程度に考えているようだ。しかし、義理を知り、恥を思い、死を覚悟するということにおいては、武士に限らず、出家した僧でも女でも、百姓以下にいたるまで、その差別はない。

ページの先頭へ