松橋良紀の名言|営業マンは信念を語るべき

このエントリーをはてなブックマークに追加

営業マンは、自分の使命感や思い、信念を語るべきです。どうせ何かを購入するなら、顧客は「この商品によって多くの人の役に立ちたい」という信念や使命感をもった営業マンから買いたいと考えるものです。自分がなぜこの会社やこの商品に惚れ込んでいるのか、営業マン自身の熱い思いを語ることは、何にも勝るセールストークになるでしょう。


松橋良紀 の経歴

松橋良紀、まつはし・よしのり。日本のコミュニケーション専門家、セールストレーナー。青森県出身。高校卒業後、家電量販店勤務を経て、能力開発や英会話教材などの訪問販売に携わる。営業成績はあまり振るわなかったがNLPを学び、トップセールスとなる。その後独立しワンネス協会(のちにコミュニケーション総合研究所に改称)を設立。ビジネスマンに営業やコミュニケーションについて教えている。著書に『あたりまえだけどなかなかできない聞き方のルール』『売れる営業マンになりたかったら相手を知れ!といわれてもなかなか出来ない人のための営業質問術』『あなたも必ず実現できる!目標設定の鉄則』『相手がべらべらしゃべりだす!聞き方会話術』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分の考えに迷いが出るときはもちろんあります。結果が出ないとき、とくにそうです。でも経営の方針を言い続けることによって、自分自身の信念も強くなっていきます。自分で自分を説得することにもなるんです。

一般に鈍いというと、マイナスのイメージが強いが、鈍さを馬鹿にすべきではない。鈍さも見方を変えれば才能で、それこそが誠実さや、一途さ、信念といったものを生み出す原動力となるはずである。

状況が変化すれば、それに合わせて微調整する必要はあるでしょう。しかし、志を見失って方向性まで変えてしまっては意味がありません。とくにリーダーはブレてはいけません。自分の信念や理想を貫いてこそ、リーダーたる資格があるのです。

何事にも決断を下すときには一つの信念や覚悟が必要となる。

失敗を他人事だととらえて責任転嫁している限り、深い分析はできません。多少は生意気でも構わないので、自分の信念を強く持って、ベストを尽くすことが、成功につながるのだと思います。どうせ負けるだろうと途中で投げ出すから失敗になるのであり、諦めずにやりきれば、問題は必ず突破できるのです。

特に経営者は思いのある人間が好き。こいつ信念があるな、と思われるとかわいがってもらえる。

頑張るのはいいけど、頑固になるのは駄目です。自分の仕事に信念を持って取り組むのは大切だけど、「俺って、こういう生き方をする人間だから」という諦めにも似た変なこだわりは持たない方がいいと思います。逆境に弱い人の典型かもしれないけど、最近、そういうことを軽く口に出す奴が増えている気がします。

経営者は周囲からどんなに反対されても、自分の五感を働かせて導いた信念は貫かねばならない。

圧倒的に稼ぐだけではなく、新しい企業を創っていくことも大切で、稼いでいる会社は人類の進化に貢献すべきだと言うのが自分の信念です。

超ポジティブ。僕の信念は、そこに辿り着く。しっかりと考えに考えたうえならば、前のめりに挑戦をするべき。

ページの先頭へ