林恵子の名言|間違ったら謝る

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が悪かったときは子供たちの前で、「ここはママが悪かったから謝る、ごめんなさい」といいます。たまに「それは間違っている」と子供から指摘されることもあるけど、でもそれで家族みんなの気持ちが整理され、安心するんです。


林恵子(社会起業家) の経歴

林恵子、はやし・けいこ。日本のNPO設立者。ブリッジフォースマイル理事長。津田塾大学卒業後、人材派遣会社「パソナ」に入社。副社長秘書や営業部門チームリーダーなどを経験したのち退職しNPO法人「ブリッジフォースマイル」を設立。児童養護施設で暮らす子供たちの自立支援を行っている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

考えるということを含めての訓練というのは、やはり読書、言葉を操って物事を考えていくことによって身につきますし、次の何かを考えたり次の何かを思いつくきっかけもまた、読書によって手に入れられるのです。間違いなく本を読んだ人の方が勝ちです。

文部科学省の調査で「理科の授業が苦手」としている先生が小中学校で6割以上もいます。理科が苦手な先生から教えてもらったのでは、絶対に面白くならないし、興味もわかなくなります。私が理科や数学を好きになったのは、中学のときに素晴らしい理科の先生がいたからです。教え方の上手な数学の先生もいました。先生の影響というのは、すごく大きなものです。

教育の秘訣は、生徒を尊敬することにある。小中学校や大学で教える事柄は、教育ではなく教育の手段である。

俺が見事な弓矢をとることができたのは、皆、平出政秀が諌死(かんし)したからだ。【覚書き|平出政秀は信長の教育係だった人物。奇妙な格好と行動で大うつけと呼ばれていた信長を諌めるため自ら切腹した。以後信長は家の再興と天下統一に邁進する。「見事な弓矢をとる」とは、「武士として成長できたということ」を意味している】

子供って、父親から学ぶもの、母親から学ぶもの、ばあちゃんから学ぶもの、それぞれ違うと思うんです。

親は学校の教師ではありませんから、必ずしも先生のようにふるまう必要もないのだと思います。親自身の行動を、子供は見て育っていく。ただ、やっていいことと悪いことの区別などは、どんなに子供が嫌がっても親が厳しく言うことが大事で、その意味で家庭教育は大切なのだと思います。

子供のころ、アラバマの実家では誰もがよく働き、「あとでやる」とか「怠ける」といったことは聞いたことがありませんでした。それをいま、私が二人の娘に伝えているんです。

ページの先頭へ