長島徹の名言|リーダーに必要なのは積極的なマインド

このエントリーをはてなブックマークに追加

リーダーになるのは、積極的なマインドをもった人材だと思います。従来どおりの仕事をやって、給料さえもらえればいいという考え方では、リーダーにはなれません。


長島徹 の経歴

長島徹、ながしま・とおる。日本の経営者。帝人の社長。兵庫県出身。名古屋工業大学繊維工学部卒業後、帝人に入社。繊維事業本部繊維研究所勤務などを経たのち米国留学しユタ大学でMBAを取得、スタンフォード大学で学ぶ。メキシコのポリノバ社出向、帝人加工糸出向、帝人本社テクノーラ販売部長、テクノーラ事業部長、コーネックス事業部長、アラミド事業部長、機能ファイバー事業本部長、執行役員、取締役、常務などを経て社長に就任。そのほか、帝人ファイバー会長、帝人化成会長などを務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

指揮官たる一人の愚将は、二人の良将に匹敵する。
【覚書き:命令が錯綜するので、指揮官やリーダーは一人だけに絞れという趣旨の発言】

ただ一度の人生。その限りある生命の空間を飾って一点に全力を傾注することに、美しさに似たものを覚える。流通業に身を置く経営者として、何はさておいても流通の近代化と取り組んでいくのが、私にとっての永遠のテーマである。命ある限り、全力投球を続けたい。

企業における人間集団の「和」とは、互いに過ちをかばいあうといった、うわべだけの優しさや甘えではないと思う。馴れ合いだけで仕事をしていると、各人の欠点が是正されないで過ぎてしまう。こうした人間が多くなると、企業の存亡にもかかわってくるのだ。

地位にしがみついていると思われた瞬間、リーダーシップは瓦解する。

政治家にはオール・オア・ナッシングというものはない。まず最善手を目指し、一方で次善、三善の策を考える。すべてのリーダーの心得でもある。

メール一つ一つの情報は頭に入れておきますが、すぐに電話を取ってアクションを取ることは一切しません。それをやりだすと何に力を入れて経営しているのかわからなくなるし、中間管理職が疑心暗鬼になってしまいます。
【覚書き:全社員から直接、意見メールを受け付けるときの注意点を語った言葉】

企業の規模にかかわりなく、正しい社内文化を確立しなければ成功はおぼつかない。

ページの先頭へ