斎藤一彦の名言|生き抜いてこられた3つの教え

私たちが生き抜いてこられたのは、次の3つの教えを守ってきたからです。ひとつは、先ほどお話しした「人真似をするな」ということ。2つ目は「地域との共存共」。そして3つ目は、「相手は大衆だ」ということ。高級なリゾート施設とは違って、気軽な料金で仲間や家族と一緒に楽しんで、畳の部屋でくつろいでもらえるのがハワイアンズのよさ。震災以降、こうした温かみのある場所が見直されているのではないかと感じます。

斎藤一彦(スパリゾートハワイアンズ) の経歴

斎藤一彦、さいとう・かずひこ。日本の経営者。スパリゾートハワイアンズなどを手がける常磐興産社長。福島県出身。中央大学法学部卒業後、常磐湯本温泉観光(のちの常磐興産)に入社。観光事業本部ホテルハワイアンズ総支配人、取締役観光事業本部長などを経て社長に就任。観光庁の「観光カリスマ百選」に選ばれた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

そんなバカなことはないだろう。苦労して城を作ってくれたのだから大事にするなり、せめて情報の隔離ということからすれば島流しくらいがあたりまえで、殺すとは何事だ。
【覚書き:徳川家康が江戸城完成後に情報漏えいを防ぐため、築城にあたった労働者・技術者を全員殺したというエピソードを知った時の発言】

今日の試合は小さいお子さんが多かったですね。新日本プロレスにとって、明るいニュースです。試合も最初からすごく盛り上げてもらった。僕は、コーナーに上がって、満員の会場を見て、いつも心の中でカシャーン、カシャーンとシャッターを押す。この光景をいつまでも覚えていようと思って。

音楽、とりわけ演奏の面では、人を育てる難しさと結果が出てきた時の喜びは表裏一体です。

最近、海外で日本の存在感が少なくなっています。これは由々しき問題です。今後も、科学技術は日本の中核です。科学技術を高める努力を惜しんではいけません。

Aの案件を終わらせてから、次にBの案件にいくというのは、大変危険で非合理的。同時にやっているとBをやっているときにでも、脳は無意識にAを考えている。だからアイデアを思いつく可能性が倍になるのです。

顧客の関心は商品やその属性などではなく、商品の周辺にある情報。

ユーザーから「これこそまさに自分が欲しいものだ」と思われるような選択肢を提供できる会社が強くなる。

稼げない人は目標を立てることはしても「人生の目的」を明確にしていない。目標とはその漢字の通り道標(みちしるべ)となるポイントである。目標を決めても、道の行先、つまり目的地を決めなければ、道に迷ってしまうことは容易に理解できる。

初対面の人と会話をする時、誠実な人だと思われたいなら終始丁寧な言葉遣いをするでしょう。逆に、距離を縮めたいならあえてフランクな話し方をするなど、目的に応じて言葉を使い分けているはずです。ファッションもコミュニケーションの手段の一つです。様々な引き出しを持っておいて、うまく使い分けることが肝心です。

将来必要な資金を守るためには早くからの準備が重要。加えて、家族全員で話し合うことも大切。

ページの先頭へ