斎藤一彦の名言|みんなで支え合う会社に

そもそもわが社は、1883(明治16)年創業の石炭会社でした。炭鉱の仕事は危険と隣り合わせですから、仲間意識が非常に強い。「一山一家」という言葉があるのですが、まさに社員がひとつの家族のようにしてやってきたのです。石炭産業が斜陽化して、いまの施設の前身である「常磐ハワイアンセンター」をつくったときも、お父さんがフロント、お母さんが厨房で皿洗い、息子が調理師になり、娘がフラダンサーになった。フラガールたちが練習再開に一人も欠けることなく集まったのも、「みんなで支え合う」というDNAがいまも引き継がれているからなのでしょう。

斎藤一彦(スパリゾートハワイアンズ) の経歴

斎藤一彦、さいとう・かずひこ。日本の経営者。スパリゾートハワイアンズなどを手がける常磐興産社長。福島県出身。中央大学法学部卒業後、常磐湯本温泉観光(のちの常磐興産)に入社。観光事業本部ホテルハワイアンズ総支配人、取締役観光事業本部長などを経て社長に就任。観光庁の「観光カリスマ百選」に選ばれた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

情報を収集するとき効率性を突き詰めていくと、どの人の仕事も似たり寄ったりになります。同じような情報収集のプロセスを踏み、同じような結論が導き出されることになるからです。逆に言えば、時間をかけるところにこそ個性が出るのです。

酒井邦嘉の名言|時間をかけるところにこそ個性が出る


必ず一歩前へ出る。崖から飛び降りたことで、私にも手痛い失敗の経験がありますが、そうした経験は現在の糧になっています。

小池百合子の名言|私にも手痛い失敗の経験がありますが、そうした経験は現在の糧になっています


身体は小さくても、心はでっかく。

竹下佳江の名言|身体は小さくても、心はでっかく


僕は「今を生きる」という言葉が好きなんですが、目の前にある「やらなくちゃいけないこと」「やるべきこと」をやることが重要だと。明日やるというよりも、今やれる、なら、今やろうって。

宮本恒靖の名言|目の前にある「やらなくちゃいけないこと」「やるべきこと」をやることが重要


私は若いころから「みんなが仕事しやすいよう、職場の雰囲気を良くしていきたい」と考え、行動するように心がけてきました。

上田準二の名言|周りが仕事しやすいよう職場の雰囲気をよくすることの大切さ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ