フィリップ・コトラーの名言|利害関係者に新製品をともに作り出すという意識を

このエントリーをはてなブックマークに追加

新製品をともに作り出すという意識は、従業員やサプライヤー、流通業者といった利害関係者にも持ってもらうべきだ。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事というものは基本的に辛いことが9割、楽しいことが1割。しかし辛いことがあるからこそ1割の喜びがより輝く。これが仕事の醍醐味。

根源的欲求を満たしたいという思いがあるから、少々のことではへこたれなくなるのです。逆に、そのような欲求がなく、たんに人からいわれたことをやらされていると、「こんなことやりたくない」となってしまう。だから、すぐにへこたれてしまうのでしょう。

今は「聖域なき合理化」とよく言われますけど、本来、合理化には聖域があるべき。再び収益が上がり始めたら、本来合理化すべきでなかった部分は元に戻すことが必要。会社の合理化というのは、単に規模を縮小すれば成り立つのではない。

考えてみれば、ドトールコーヒーの歴史というのは、常に危機意識を持って、将来予想される経営環境の変化に対応してきた、その繰り返しだったと思っている。コーヒー豆の焙煎・卸から出発して、脆弱な経営基盤に対する危機感、喫茶店業界に対する危機感、それがコロラドというコーヒーショップの設立につながった。また、コーヒーが嗜好品から必需品に変わる中で、オイルショックによる実質所得の減少という事態に対応して、ドトールコーヒーショップを作った。日本経済の変化、お客様の嗜好の変化、同業他社との競争に対応してきた結果だ。

この60年、いままでなかった製品をいくつも発表してきましたが、すぐに思ったように売れませんでした。新製品はなかなか売れないものです。

自分自身に対する極度の清潔癖が私の生存の前提条件となっていて、不潔な条件の下では命すら危ない。だから、私はいわば絶えず水の中で、もしくは完全に透明な光輝く元素の中で、泳いだり、浸ったり、ぱちゃぱちゃしている。そのため、私にとって他人との交際は少なからぬ忍耐の試練となる。

イノベーションこそが難局をこえる鍵。

ページの先頭へ