フィリップ・コトラーの名言|顧客に満足感を与えることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちの製品やサービスに満足だけでなく、喜びすら覚えた顧客は、同じニーズを持つほかの顧客に製品を推奨してくれる。さらに、新製品を「ともに作り出す」ことを望む顧客や企業を招き入れることも期待できる。そうした顧客は製品の共同制作者という意識を持つ。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大人の学びはとてもシンプルです。自分にとって必要だと思うことを学べばいい。

18歳で初めて経験した世界大会で、僕が勝てなかった日本人選手たちがみな予選落ちするのを目の当たりにして、日本での一番がひとつの島での一番でしかないことを痛感しました。そして、自分の目標が小さかったことに気づき、100メートルという世界に現実味を感じなくなっていったのです。そのときからは、僕にとっては「世界に出る」ことがとても重要になっていきました。

「私には、何もプラス面が思い浮かばない」という人がいるかもしれない。たいへん謙虚な人だろうとは思うが、そのような人でも、明確にプラスとは言えなくとも、プラスにできる「種子」は拾うことができるのではないか。種子さえ見つけられれば、それを育てて大木にすることも夢ではない。

組織の中では、納得のいかないことは往々にしてあります。理不尽さを抱えながら成立しているのが組織というもの。正諭なら何を言ってもいいわけではないことを理解しておきましょう。

なぜ経営者が本気で残業の撲滅に取り組まないかというと、社員を目いっぱい働かせた方が成果が挙がると信じているからです。いまは社員に長時間労働を強いると、逆にデメリットの方が大きいのにそれがわかっていないのです。

掃除や整理整頓といった環境整備は仕事の原点であり、会社を変えていくものです。

東大を出た人で、成功しないケースを分析すると、(事業などで困難なことがあると)元いたところに逃げて戻ってしまうんです。例えば大企業に就職したり、コンサルタントだった人はコンサルに戻ったり。そうはならないようにしようと考えました。自分の元々の能力はそんなに変わらないかもしれませんが、頑張れるのではないかと。

ページの先頭へ