フィリップ・コトラーの名言|顧客を理解すること。そして顧客ごとの異なるニーズを見抜くことが重要だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客を理解すること。そして顧客ごとの異なるニーズを見抜くことが重要だ。


フィリップ・コトラー の経歴

フィリップ・コトラー。アメリカの経営学者、マーケティング学者。現代マーケティングの第一人者。シカゴ大学で経済学修士号、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号取得。ノースウェスタン大学経営大学院で教授を務めた。様々なマーケティング理論を構築した。主な著書に『コトラーのマーケティング講義』『コトラーのマーケティング・マネジメント』『コトラーのマーケティング・コンセプト』『マーケティング10の大罪』『コトラーの戦略的マーケティング』『市場戦略論』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現在伸びている市場に集中し、第三のビールとプレミアムビールの市場に商品を絞り込んでいます。金麦とザ・プレミアム・モルツです。これを二大大黒柱と言っています。

全体最適のうえで、上司の指摘は聞き入れるべきではないケースもある。その場合、上司に論理的に説明し理解を得る訓練をすれば、経営判断力や胆力の養成につながります。

お金も時間もかけずに簡単に仕事を効率化できるのが、デスクまわりの整理整頓です。年末に向けて仕事が忙しくなる前に、デスクまわりを見直しましょう。

「フェアブント」、ドイツ語からなかなか翻訳しにくい言葉ですが、日本では一応「統合生産拠点」と訳しています。例えばドイツのルートヴィッヒスハーフェンにある本社では、石油の分解設備から先端素材まで、約200の生産設備を中心に約2000の建物が密集しています。これらのすべてをひとつの拠点の中に置くことで、新たな付加価値を提供できるようにしています。

君子の交わりは淡(あわ)くして水の如く、小人の交わりは濃くして醴(あまざけ)の如し。君子道義の交わりは、淡きゆえに久(ひさ)しうして変ぜず、小人利欲の交わりは濃き故に久しからずして変ず。
【覚書き|醴=甘酒】

マネジャーが駆使すべきなのは、プロセス質問です。プロセス質問とは、問題解決のプロセスに沿った質問です。部下に考えさせて答えを引き出す質問です。

相手が興味のある話をしないとダメ。人の水田にジャガイモを植えるんじゃなくて、いい苗を持っていくことが大切。

私が長年携わってきたテレビの演出という仕事は、出演者たちの良さを引き出すことに尽きる。

事業はコア技術を他のものと組み合わせてつくっていきます。コストがかからず安全なのは、やはり既存事業の川上と川下です。

マツダはこれから先リストラを二度としません。最終的には、人が決め手になると思います。海外の工場や販社で働く外国人を含めて、「マツダで働きたい」と考える人を大切にする会社であり続けたい。

ページの先頭へ