辻野晃一郎の名言|コミュニケーション手段は場合によって使い分ける

対面、手紙、電話、メールやチャットなど、それぞれの長所短所や使い方を把握することが大事です。例えば、対面はやり取りできる情報量が格段に多い半面、時間と距離に制約がある。バーチャルな手段は便利だがニュアンスが伝わりにくかったりする。これらを場面、場面で上手く使い分けてコミュニケーション能力を高めていくことが、大切なテーマだと思います。

辻野晃一郎 の経歴

辻野晃一郎、つじの・こういちろう。日本の経営者。グーグル日本法人社長。福岡県出身。慶應義塾大学工学部卒、慶應義塾大学大学院工学研究科修了後、ソニーに入社。その後、22年間同社に在籍し、VAIO、スゴ録、コクーンなどのソニーの主力製品開発に携わる。ソニー在籍中にカリフォルニア工科大学大学院電気工学科修了。ソニー退職後、グーグル日本法人社長を務めたのち、独立しアレックスを創業。主な著書に『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私もこれまで建築業者に騙されたり週刊誌に妬みでデマを書かれたり、大変なことは多々ありました。でも「どっこい、そんなのに負けてはならん」と、マイナスをプラスに転換しちゃう。それには死んだ両親が見守ってくれていることや、美輪明宏さんの教えが大きい。美輪さんに「人間とはどうあるべきか」という理想を教えていただいて、それがエネルギーの源になっています。家で待っている2匹の猫、3匹の犬にも元気をチャージしてもらっています。

假屋崎省吾の名言|どっこい、そんなのに負けてはならん


時代が変われば、非常識が常識に、不可能が可能に変わることがあります。時代に合わせて、柔軟に考えることが必要です。

北尾吉孝の名言|時代に合わせて、柔軟に考えることが必要


商品に愛情を持ち、その魅力をきちんと伝えていく。そうしてもう一度自分の足元を、しっかり見つめ直してみる。そうした地道な毎日の積み重ねからしか、良い結果は生まれません。

石渡美奈の名言・格言|地道な毎日の積み重ねからしか良い結果は生まれない。


我々は自動車メーカーとしては小ぶりですから、選択と集中が欠かせません。どこで戦うか明確に絞り込む必要がありました。

吉永泰之の名言|どこで戦うか明確にすることの重要性


人はポジティブな気持ちもネガティブな気持ちも両方持ち合わせていますが、ネガティブな話題を自ら切り出すのはためらわれるものです。だからこそ、「嫌になることもあるでしょう」という言葉で相手の苦労話を聞く姿勢を示せば、相手も安心して溜まった気持ちを吐きだすことができます。

野口敏の名言|相手に安心して溜まった気持ちを吐き出させるには


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ