島津義久の名言|本業に必須な能力を身につけさせることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

侍たちの中で、鉄砲に対して未熟な者は、領地を没収し罪科に処する。


島津義久 の経歴

島津義久、しまづ・よしひさ。戦国時代から江戸初期にかけての戦国大名。島津氏第16代当主。当時九州最大の勢力を誇った豊後の大友氏、九州西部の有力大名である龍造寺氏に打ち勝ち、九州統一目前まで勢力を広げ、島津氏を大きく躍進させた人物。江戸時代まで生き抜き、79歳でこの世を去る

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

早く意思決定をすることが本当に大事です。やっぱり回転の早いほうが勝つ。回数も重要です。いくら正しい決定をやっていても、打席が4回しかなければ最大でもヒットは4本しか出ないじゃないですか。でも、打席が多ければたとえ打率が悪くてもヒットを10本打つことができるわけです。何回も素早く意思決定をすることが我々の仕事だと思っています。

社長のところに日々集まってくる情報だけでは、十分とはいえません。市場の変化の兆し、まだ顕在化していない社内の課題など、本当に必要な情報は、社長へのレポートにまとめる時点でかなり落とされてしまっているからです。それらを補うには、自ら社員の言葉に耳を傾けるしかありません。私が時間を見つけては現場に顔を出すのはそのためです。

冷蔵庫を開けて、そこにある残りものを見て、どんな料理を作れるかを考えられる人は、きっと幸せになれると思います。でも、「これじゃすき焼きは作れない」「チーズフォンデュができない」と考える人は、幸せから遠ざかってしまう。だって、世界一大きな冷蔵庫にたくさんの食材を集めたって、きっと作れない料理が出てきてしまいますから。「いまあるものでどうやったら楽しく生きられるか」を考えられる人が、実は発想が豊かで、同時に幸福な人なのだと思います。

食べることのありがたさが心底わかるのは、ひもじい経験をしたからである。求めても簡単に手に入らない時代においては、手に入れた時の喜びは何倍にもなる。

我々の顧客は、力、愛、富、運のすべてにおいてより上のものを求めています。いわば人生を積極的に楽しもうとする人々です。日本ではこうした人たちが増えていますし、彼らは品質に対する感度が高いと考えています。

「この商品を絶対に売ってのける」というトップの意気込みの強さが命運を分ける。

これからの自分というものを考えた場合、まだ自分の人生は発展途上だと思っています。

ページの先頭へ