島津義久の名言|罵詈雑言を言われても気にしない

このエントリーをはてなブックマークに追加

人が罵言雑言したとて、これをそのまま受け取って、咎め立てをしてはならぬ。


島津義久 の経歴

島津義久、しまづ・よしひさ。戦国時代から江戸初期にかけての戦国大名。島津氏第16代当主。当時九州最大の勢力を誇った豊後の大友氏、九州西部の有力大名である龍造寺氏に打ち勝ち、九州統一目前まで勢力を広げ、島津氏を大きく躍進させた人物。江戸時代まで生き抜き、79歳でこの世を去る

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

環境はいつも変わってきた。安定した経営環境なんていつあったの。

企業理念である「変わらないために変わり続ける」という文化はしっかり守ろうと決めました。今後も「壊しながら守る」という手法を続けていくつもりです。

大ヒットするのは今までには無いタイプのゲームであり、二番煎じのゲームからは大きな成功は生まれません。

新たな挑戦を図っていくには、弾力的に組織・人事を動かし、派閥ができにくくする必要がある。

苦労は買ってでもしろと言われますが、本当にその通りだと思います。自分の来し方を振り返っても、苦しいことの連続でした。しかし、その中で自分が磨かれていったのです。

円高が企業収益に影響を与えるのは間違いありません。でも、それが本質的な企業価値にどう影響しているのかをきちんと見なければなりません。円ベースでは価値が下がっていても、実際にビジネスを展開している現地通貨ベースで伸びているかもしれませんから。

「金は天下の回りもの、っていうわりには俺の所には、なかなかお金が回ってこないんだよなぁ」と嘆いて多い。理由は簡単。自分がお金を回していないから。まず、自分がお金を回さないから回ってこない。自分が回していないのに「おーい、早く俺の所へ回せよ」というのは身勝手な話。どんなに待っても回ってくるはずがありません。

ページの先頭へ