島津義久の名言|民が貧しければ、主に財が無くなる

このエントリーをはてなブックマークに追加

ほしいままに民のものを取ってはならない。民が貧しければ、主に財が無くなるものである。たとえていえば、枯れた木の根本のようなものである。民は主の財である。ゆるがせにしてはならない。


島津義久 の経歴

島津義久、しまづ・よしひさ。戦国時代から江戸初期にかけての戦国大名。島津氏第16代当主。当時九州最大の勢力を誇った豊後の大友氏、九州西部の有力大名である龍造寺氏に打ち勝ち、九州統一目前まで勢力を広げ、島津氏を大きく躍進させた人物。江戸時代まで生き抜き、79歳でこの世を去る

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

これまで日本のサービス業は、人海戦術という名の下で人を投入することがサービスの質につながると考え、その結果生産性を犠牲にしてきました。私たちは、このような考え方を修正し、サービスの質を上げることが生産性に結びつくようなアプローチを取ろうとしています。生産性とサービス品質は同じ方向をむいているのです。今までこのような考え方が希薄だった分、大きなチャンスがあると考えています。

チャレンジしない会社は生き残れません。失敗しても減点はしない。むしろ加点して金一封出すことで、絶えずチャレンジする社風を育てています。

昔から日本には「田をつくるより木を植えよ、木を植えるより人を養え」という言葉がある。私は今日、「ミシンをつくりかつ売る」企業に携わっているが、仕事即教育即人づくりで、蛇の目においては「ミシンを通じて世の人にお役にたつ人をつくる人材を育成する」教育事業をしていると考えている。

WEBの集客に力を入れる一方で、2~3年前から、生活用品や賃貸にまつわるサービスを販売しています。この売上が、数年後には、店舗の売上の3分の1にはなると見込んでいます。一番金額が大きいのは、水漏れ事故などに対応する賃貸住宅向けの損害保険です。年間35万件の新規契約があります。ほかにも、トイレの詰まりや鍵の紛失、窓ガラスの破損などですぐに駆け付けるサービス、NTT光回線や消火器の販売があります。入居者にとっては、賃貸生活に関するワンストップサービスとなり、利便性が高いはずです。

当社では、社員が失敗したとしても、「損を出した分を返せ」と上司からしつこく責められることはありません。かといって、そのまま放っておいていいわけでなく、自分の失敗は自分で返すしかないのです。それもすぐにです。3年もかかって返すのでは遅すぎます。社長でさえ、会社の業績が悪くなったら、2~3年で回復させるくらいのスピードが必要とされているのに、ミドルポジションのビジネスマンなら、失敗は瞬時に返すくらいの意識がないといけません。ですから、トライ&エラーのサイクルは短ければ短いほどいいんです。

わざわざメールに書いたゆえに、気持ちが上手く伝わらないことの方が多いもの。できれば、断りや謝りは面と向かってか電話で行いましょう。

できない理由ばかり言う暇があったら、まずはその事実を受け入れて、十数%の「できる」可能性を100%に膨らますための施策を打ちましょう。

ページの先頭へ