島津義久の名言|罰を薄くして賞を厚くせよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

罰を薄くして賞を厚くせよ。


島津義久 の経歴

島津義久、しまづ・よしひさ。戦国時代から江戸初期にかけての戦国大名。島津氏第16代当主。当時九州最大の勢力を誇った豊後の大友氏、九州西部の有力大名である龍造寺氏に打ち勝ち、九州統一目前まで勢力を広げ、島津氏を大きく躍進させた人物。江戸時代まで生き抜き、79歳でこの世を去る

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

字に苦手意識があると、どうしても小さな字を書きがち。そこで太字のペンを使えば、自然と大きく、読みやすい字が書けます。水性ボールペンならゲルインクのものが書きやすくてオススメ。また、書き味のいい万年筆を使うと、字がグッと上手になって楽しくなりますよ。なお、筆記用具は青いインクのものを選びましょう。黒より爽やかで、良い印象を与えられるのです。

ユーザーの都合を考えていくと、ハードだけではなくソフトのサービスに行き着くはず。たとえばコンビニは、ただの販売業をサービス産業に変えました。同じように不動産賃貸業もサービス化してきているのです。

商売の要諦は、顧客の創造と把握にある。

どの時間に、どのくらいの仕事が入って、どの仕事を後日へ回すことができそうかを確認し、スケジュールを組み直すだけで、頭がすっきりと整理されます。

文化人類学の人たちと話をしていると、トウモロコシはネイティブアメリカンの聖なる食べ物だったとか、インドネシアでいまポカリスエットが受けているといった話がぽんぽん出る。新しい文物が、違う社会から輸入されて普及していく現象が、当たり前のようにある。その形態は、新しい文化が波となって広まり、その波に乗って、特定の企業がマーケットを占有していくものだ。このような生活文化、消費文化の開発はその地域で大いなるビジネスチャンスを生む。これは、製品技術より文化で説明して初めて説得力があるし、そういった事例も豊富にある。今の日本でそれができないとすれば、これまでの成功体験が障害になっているからだろう。

イノベーションを起こすには「場」が必要。よく、「場を変える」「場が温まる」「場がしらける」などといいますが、人と人との関係性を表しています。人と人がいて、言語化されていない暗黙知が共有されていることが、「場」が生まれる条件。「場」は「共有化された文脈」と言い換えることもできます。

顧客の声を常に聞いている現場スタッフだからこそ発想できることも多い。現場スタッフが課題を持ちながら接客すると、顧客との接点から刺激やヒントをもらうことができる。

ページの先頭へ