島津義久の名言|家の造りを立派にすることは、古の賢王が堅く禁じたところである

このエントリーをはてなブックマークに追加

家の造りを立派にすることは、古の賢王が堅く禁じたところである。


島津義久 の経歴

島津義久、しまづ・よしひさ。戦国時代から江戸初期にかけての戦国大名。島津氏第16代当主。当時九州最大の勢力を誇った豊後の大友氏、九州西部の有力大名である龍造寺氏に打ち勝ち、九州統一目前まで勢力を広げ、島津氏を大きく躍進させた人物。江戸時代まで生き抜き、79歳でこの世を去る

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

趣味を通じた付き合いには肩書が無用なので、人脈をつくりやすい。そのためにも本当に好きなことを究めるべきだ。ボランティア活動をするのもいい。こちらも肩書を外した活動ができるし、地位の高い人たちも多い。

当社の判断の基準は「お客様がより大喜びするのは、どちらなのか?」。追求しているのは「こういうモノがあったら嬉しいな」とお客様が大喜びしてくれるモノをつくること。

10年前に小説の出版を断られたとき、私はいつか必ずぎゃふんと言わせてやろうと思いました。そもそも「この恨み晴らさでおくべきか」が私のひとつのキーワードです。ダイヤモンド社から本を出さないか、それも小説を出さないかと言われたとき、真っ先に浮かんだ言葉が「ここで会ったが百年目」。ここが私の恨みを晴らすところだと、これまでに蓄積してきたあらゆる知識やテクニックを総動員して書きました。

「やらなければいけない」と思っていることに対して、本当にそうなのか、疑ってみてください。成果とは無関係なものが、案外多いものです。仕事でパフォーマンスを上げるには、そこを整理することが大切。

客数を増やすためには、値下げをすればいい。ところが値下げによって、客単価は落ちてしまう。客数×客単価で売上高が決まりますから、客数が増えても客単価が落ちれば、結果としての売上高は変わらないということになります。メニューの数を減らせばコストが下がって利益率は改善します。しかし、メニューを減らすことで顧客の来店数が下がってしまう。たとえ利益率が改善しても、売上が落ちることで利益の絶対額は変わらない、ということになりかねません。「客数を増やす」と「客単価を上げる」と「コストを下げる」。これは矛盾なんです。ですが、経営というのは矛盾をどう乗り越えるかということです。

日本で新しい製品や産業を生み、世界に広げてきたのがキヤノンです。これからは世界で新たな価値を生み出していきます。日本でやっていないことを、米国や欧州で始めます。既に高速印刷機は欧州、医療関係は米国が本拠になりつつあります。本格的なグローバルカンパニーが次の目標ですね。

当社では製造に関わる人員を極力減らし、多くの人間が開発に従事しています。社内リソースの多くを開発に割り当てるということは、顧客と会える時間を少しでも増やし、ディスカッションしながら開発を進めるという環境を整えることにほかなりません。これを当社では研究開発型ファブライト戦略と呼んでおり、ここで顧客との信頼関係が培われます。当社は半導体などに関わる世界中のトップメーカーと頻繁に情報交換を行いながら、お互いのロードマップをシェアしているのです。

ページの先頭へ