島津義久の名言|下の者の苦労を知ることの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

百姓を憐むことをもって、憲法の第一としたい。民の飢えや寒さを思い、貧窮の苦悩を知ることが重要。


島津義久 の経歴

島津義久、しまづ・よしひさ。戦国時代から江戸初期にかけての戦国大名。島津氏第16代当主。当時九州最大の勢力を誇った豊後の大友氏、九州西部の有力大名である龍造寺氏に打ち勝ち、九州統一目前まで勢力を広げ、島津氏を大きく躍進させた人物。江戸時代まで生き抜き、79歳でこの世を去る

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

弊社は二輪車以外にもいろいろな事業を持っています。小さい事業には30億円、40億円の売上しかないものもあります。しかし、そうした事業を規模が小さいからといって切り捨てることはしません。多様性と個性を追求し続けているのです。際立った個性を維持し続けることができるのであれば、市場がいかに小さくても事業として存続させる。それがヤマハ発動機の考え方です。

学術においても、実際は人は何も知ることはできない。つねに実践が必要である。

どの国でも同じですが、我々の仕事で一番大事なのは、本当に相手が何を望んでいるのか、その望んでいるものにきちんと応えること。そこから本当の商売が始まる。

短期勝負に勝つために必要なことは大きく2つある。1つ目は、「飢餓感と言っていいほどの勝ちたいという気持ちを強く持つこと」。2つ目は「実際の自分たちの実力を臆病なほど冷静に見極めること」。

お客様とのコンタクトポイントに欠かせないツールは、当社自身が持つと同時に、グループ全体にバリューチェーンとして備わっていま。グループ内でのお客様情報の共有化にも取り組みながら、医療の世界で言う「かかりつけ医」のような役割を果たしていきたいと考えています。

私たちがこれまで成功してきた理由は、製品を特定の分野に絞り込んできたからです。単に絞り込むだけでなく、独自の技術分野に開発を集中することで、その製品を進化させました。

私が今の技を身につけるまでにどれほど努力したかを皆が知ったら、奇跡とは思うまい。

ページの先頭へ