島津義久の名言|下の者の苦労を知ることの重要性

百姓を憐むことをもって、憲法の第一としたい。民の飢えや寒さを思い、貧窮の苦悩を知ることが重要。

島津義久 の経歴

島津義久、しまづ・よしひさ。戦国時代から江戸初期にかけての戦国大名。島津氏第16代当主。当時九州最大の勢力を誇った豊後の大友氏、九州西部の有力大名である龍造寺氏に打ち勝ち、九州統一目前まで勢力を広げ、島津氏を大きく躍進させた人物。江戸時代まで生き抜き、79歳でこの世を去る

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ソーシャルビジネス(社会問題を解決することに専念する事業体)の本質は、創造性と挑戦です。いままで誰も思いつかなかった手法で解決不可能だと思える問題にぶつかることなんです。

現代の日本人は他力本願になり過ぎています。これでは絶対に世の中は変わりません。

「紳士淑女にお仕えする私たちも、紳士淑女である」というのが私どものモットーです。ホテルを利用されるお客様が何を希望しているかを理解するためには、従業員自らが紳士淑女になることを心がけていなければならないのです。つまり、日ごろから従業員同士でも、丁寧な言葉や振る舞いを心がけ、紳士淑女として行動することが重要です。

それでも買った方がいいと思います。これだけお金を使えば、「絶対に有効活用して成果につなげなければ」という気持ちにもなります。
【覚書き|野口氏が何かを始めるとき、そのテーマの本を必ず30冊用意して読むことについて「お金がかかり過ぎるのでは?」と聞かれたときの返答】

いままで虎屋は、菓子の原料や、菓子を贈る際のしきたりなどについてお客様から尋ねられたらお答えしてきました。でもこれからは例えば最新のレストランや、話題の美術展についてもお話しできるくらいでなければいけないと思うのです。もしお客様が何もお買い求めにならなくても、店でいい時間を過ごし、虎屋や接客した店員に好意を持ってくださればそれでよしとする。会社の奥深さや豊かさを感じていただければいい。そうやって企業文化を発信すれば、売上は後からついてくると思っています。

笑顔が素敵な人って、なかなか食いっぱぐれないと思いますよ。誰かが応援してくれる。それも巻き込み力のひとつです。優秀じゃないけれど、なぜか支えたくなる上司ってそういう人ですよね(笑)。

ケチで元気。汗と知恵を出せ。

当社のオーナーと経営は一緒ですから、意思決定が早いことは間違いないです。変化が激しい時代に決断が早いのは大きな武器です。

日本人は困難な課題に直面した時、「難しいですね」とよく言います。しかし米国人は、「チャレンジングだ」と言う。「難しい」とは言わないんです。「チャレンジングだ、けれどひょっとしたら、自分にもできる」。そんな気持ちを持つことが、特に若い人には必要だと思います。

キーワード検索を意識してタイトルをつけるようにしています。例えば番組名だけでなく具体的な内容も入れる、文字数を短くするなどです。これはウェブに携わっている人には当たり前のことですが、映像分野の人はあまり知らないんですよね。

ページの先頭へ