島津義久の名言|悪い人を周囲に置かないことが大切

悪い若党(身分の低い者)は使ってはならぬ。悪い友だちと交わってはならぬ。

島津義久 の経歴

島津義久、しまづ・よしひさ。戦国時代から江戸初期にかけての戦国大名。島津氏第16代当主。当時九州最大の勢力を誇った豊後の大友氏、九州西部の有力大名である龍造寺氏に打ち勝ち、九州統一目前まで勢力を広げ、島津氏を大きく躍進させた人物。江戸時代まで生き抜き、79歳でこの世を去る

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

たとえば計算力が弱いという自覚があるなら、小さい電卓をつねに持ち歩けばいいわけですよね。精神力だって同じこと。生まれつき心が強いという自信のある人のほうが少ないはずですから、ここでもやはり「自分の役割を果たすためには何を準備すればよいか」を考え、プレッシャーに備えれば、達成感を得て自信をつけていくことができる。その繰り返しだと思います。

小路明善の名言|自分の弱みを自覚し、対策を実行することの大切さ


物忘れの中でも、危険水域に達していると思われるのは「まだらボケ」といわれる症状。たとえば、「昨日の部下との会話の一部を忘れた」レベルの物忘れではなく、「昨日、部下と会話したこと自体を覚えていない」と記憶の抜け落ちが起きている状態です。体験の一部が記憶からスコンと抜けているから、後で言った言わないの騒ぎになったり、ダブルブッキングをしたり、トラブルに発展しやすくなります。こうなったら初期の認知症を疑う必要があります。

広川慶裕の名言|「まだらボケ」は危険水域


仕事が上手くいかないと「なぜ駄目なんだろう?」と自問する人は多いと思うのですが、WHYを問うと「あのとき努力しなかったから」「上司との相性が悪いから」といった不毛な思考に陥りがちです。そういう場合は、「どうやったら仕事が上手くいくか」とHOWの質問をするのが有効です。「これから何をしたらいいか」と、思考が前向きな方向に自然と向かっていきます。

谷原誠の名言|不毛な思考から抜け出すには


英会話を脳に染み込ませるためには、全勉強時間のうち、最低50%は音読に充てたいところ。私の場合は、勉強時間の70%は音読に費やしていました。

安河内哲也の名言|英会話の勉強は、ほとんど音読に充てた方がいい


通勤時間を含めて、仕事に関わる時間は相当長い。ですから、仕事の中に生きがいを見付けなければやっていけない。私はそういうつもりでやってきました。

森口隆宏の名言|仕事の中に生きがいを見付けなければやっていけない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ