ピーター・ドラッカーの名言|何かを成し遂げるのは強み

このエントリーをはてなブックマークに追加

何事かを成し遂げるのは、強みによってである。弱みによって何かを行うことはできない。できないことによって何かを行うことなど、到底できない。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ストレスの対処法を考え、50個でも100個でも、できるだけ多くリストアップしてください。「自分にはストレスに立ち向かう方法がある」と思えれば、それだけで気持ちはかなりラクになるはず。

いまでこそ「デリバティブ」は華やかですが、この言葉が登場したころは、マネジメント層に、その仕組みを理解できる人はいなかった。その当時、どうしたかといえば、デリバティブを少しでも理解して、仕事として努力している人の能力を最大限に発揮させるようなマネジメントを行っていました。

ひらめいたことはすぐに文字にし手帳に書き留めます。メモが増えて混在し、どれがどれだか分からなくなるのを避けるために、書き留めた言葉を改めてネーミングやフレーズにまとめて、50音順にファイリングする。手帳でブレーンストーミングしている感じですね。

私は嘘をつかないこと、他人様に迷惑をかけないことを主義としている。また世間と多くの人たちから有形無形の恩恵を受けて生活していることに対する大きな感謝と同時にそのお返しを念願としている。

引き出しが増えたことで、その後の自分の仕事に大いにプラスになりました。だからこそ、できるだけ多くのプロセスを学んで、引き出しを増やしておくことが重要です。

当時、外国ではすでにラジオは実用の段階に入っており、報道・娯楽の機関として不可欠の地位を占めていた。わが国でも愛宕山に放送局(NHK)が開設される運びで、一部の電気器具店や輸入商ではラジオ機械の研究に手を付け始めていた。アメリカ製のラジオは貴重なものだった。事業は常に新しいアイデアで他より一歩先にと新分野を開拓していかなければ、とうてい成功は望めない。私はたまたま買い入れたこの鉱石ラジオセットに異様なまでに関心を寄せた。

ビジネススクールの講義なら、まず学期のはじめに、教科書をざっと斜め読みします。序文と結びだけを真剣に読み、あとは読み流すのです。そして、「教授は講義全体を通して何を言いたいのか」の仮説を立て、同時に「俺はちょっと納得いかない」などと、自分の考えを持ちながら批判的に読みます。その上で、細かい知識を学ぶのです。これは一見面倒ですが、非常に効率の良い学習法であることに気づきました。なぜなら教科書にも授業にも、必ず一つの大きな主張があり、その主張のもとに教科書や授業は構成されているからです。つまり、最終的な主張さえ理解すれば、そこに至るまでの論理構成が芋づる式に理解できるのです。

ページの先頭へ