ピーター・ドラッカーの名言|誰もが自らをマネジメントしなければならない時代

このエントリーをはてなブックマークに追加

これからは、誰もが自らをマネジメントしなければならない。自らを最も貢献できる場所に置き、成長していかなければならない。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

まず取り組むタスクは「緊急&簡単」、次に「緊急&難解」、三番目は「非緊急&難解」、最後が「非緊急&簡単」。私なら迷わずこの順番をつけます。

能ある者は、そっと黙っていよ。そっとしておいても自ずからあらわれてくる。どんなに装ってみても、結局は人の問題だ。

フレームワークは単なる思考のツールであり、それさえ使えば、誰でもすぐ問題の解決策が思いつくわけではありません。ビジネスで抱える問題に、唯一の答えはない。問題解決のプロは、「物事を多面的に捉えて仮説を立て、情報を集めて検証」を何度も繰り返しながら、考え得る最善の策を導き出します。その過程で、情報を整理するのに役立つのがフレームワーク。つまり、実際の問題を解くことで身につけた知識や経験があってこそ役に立つものなのです。

欲望を捨てる生き方のもうひとつは、「やむをえずする」ということだ。「やむをえずしているんだ」と言うと、何か嫌々しているようにも聞こえるが、実は『荘子』では最高の行動原理とされている。要するに、「私がしたくてする」のではなく、たとえば求められて「せざるをえない状況なのでする」という生き方だ。それこそ余計なものが入る余地のない、最も欲望から遠い生き方とも考えられるのだ。

他者の評価で満足を得ようとすると、世論から距離を置けなくなり、本来の自分の軸がブレる。

的確な指示や評価は、選手側にとっても「コーチはきちんと自分を見てくれる」と感じられ、信頼が深まる。そうした相乗効果で、練習の質はぐんと高くなり、結果につながりやすくなる。

20代のうちは簡単な仕事を与えられることが多いでしょう。大事なのは、その業務を適当にこなすのではなく、仕事の本質的なことを学ぼうとする意識。将来、経営やマネジメントに関わる仕事をしたいならなおさらです。

ページの先頭へ