ピーター・ドラッカーの名言|仕事で成果をあげる人の特徴

私の観察によれば、成果をあげる者は仕事からスタートしない。時間からスタートする。計画からもスタートしない。何に時間がとられているかを明らかにすることからスタートする。次に、時間を管理すべく自らの時間を奪おうとする非生産的な要素を退ける。

ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

運行の現場では、昔からやっている仕事のやり方がベストではない。常に見直そうと言い聞かせてきた。

奥義光の名言|やり方を常に見直そう


虎屋は和菓子屋ですから、当然「おいしい和菓子」を作ることが大切です。加えて、その和菓子を「喜んで」召し上がっていただきたい。おいしい和菓子を心を込めて作っても、お客様がお買い求めになる時に、「店員の対応が良くなかった」とお感じになれば、喜んで召し上がってはいただけません。店頭に立つ人間が心を込めて商品をお渡しすることも同様に大切であるという思いを、経営理念に込めています。

黒川光博の名言|おいしいだけでなく喜んでもらう


「人が気づかないことになぜ気づくのか」と問われても答えようもないのだが、ひとつの理由らしきものを挙げるとすれば、私には極めて疑り深い点があるということだ。知っているとか覚えている、ということはなく、「すべてゼロから考えたらいいさ」と開き直って、自分なりの問題定義と問題解決をその都度やっているのである。だから、人の話を鵜呑みにしない。他人の言うことを、そのまま正しいとは思わない癖をつける。そして「おかしい」と特別に違和感を覚えたら、徹底的にその瞬間に考え、調べ上げるのだ。

大前研一の名言|疑い深く考えることが大切


労働組合の役員を務めたが、大変勉強になった。旧川崎製鉄本社の組合員は気性が激しいことで有名。そのため難しいところがあったが、理屈を明確にして誠実に説明することで理解してもらえた。この経験は、その後の海外との提携交渉などでも活きた。

林田英治の名言|理屈を明確にして誠実に説明する


私も最初は「金銭欲」でしたね。父親が経営していた会社が倒産したために、子供のころ、生活保護を受けるほど貧困に喘いでいた僕にとって、お金は非常に重要なものでした。だから、まずはお金がほしかった。そして、クルマやマンションを買って、女性にモテたかつた。20代の前半は、その一心で頑張っていました。それが次には「出世欲」や「名誉欲」に変わっていきました。いまは「還元欲」です。こうして安心して経済活動ができる日本という国や社会に恩返しをしたい。それが僕の最終的な欲です。

杉本宏之の名言|欲はステージによって変わっていく


失敗しても気楽なのが週末起業です。会社員を続けながらですから、借金さえしなければ元の生活に戻るだけ。会社を辞めて起業するよりも、リスクは格段に低く抑えられます。

藤井孝一の名言|週末起業で起業するリスクを低く抑える


商品開発には、冷静さと情熱とのバランス感覚をもって臨まなければ命取りにもなりかねない。

永持孝之進の名言|商品開発は冷静さと情熱とのバランス感覚をもって


チームにおけるベテランのひとつの役割として、チームに余裕をもたらすことがあると思います。

遠藤保仁の名言|ベテランの役割


好きなテーマから何かを学ぼうという場合には、とことんそれを追求する姿勢は必要だと思います。

久恒啓一の名言|好きなテーマをとことん追求して学ぶことの大切さ


具体的な方法がなければただの「思い」だけに終わってしまいます。実現するためのステップを考えることが重要。

成田和幸の名言|実現するためのステップを考えることが重要


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ