ピーター・ドラッカーの名言|成果が出ない人の3つの特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加

いかなる成果もあげられない人の方がよく働いている。成果の上がらない人は、第一に、ひとつの仕事に必要な時間を過小評価する。第二に、彼らは急ごうとする。第三に、彼らは同時にいくつかのことをしようとする。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事の話題だけではなく、プライベートの話題もできる範囲で公開したほうが効果的です。笑いを取るには自分を「落とす」のが基本であるように、雑談も自分をオープンにしたほうがうまくいくと思います。

謝罪で一番大切なのはガス抜きだと思います。感情をストレートに出してくるタイプは実は怖くない。言いたいことを言ってもらってガス抜きできれば、相手の心に空間が生まれ、そこに謝罪の言葉が入り込む余地ができるからです。まず心のキャパシティを空けてもらい、それから謝罪の言葉を述べる。これが一連の流れです。一番やってはいけないのは、過失の理由や自分たちの事情を一方的に話すこと。相手がこちらの話を聞くばかりでは、むしろ怒りが大きくなります。

整理と言っても、ただ今あるモノを引き出しにきれいに仕舞い込むだけでは、きっとまたゴチャゴチャの状態に逆戻りすることでしょう。モノを絞り込むための「選択と決断」がないために、仕舞い込んでそのまま、不要なモノの存在を忘れてしまうからです。

人材と現場力が財産。最大の課題は、社員とお取組先すべてが、おもてなしの質を高めていくこと。それはとりもなおさず「現場力」であり、その現場力をつくるのは「人材」。

この人となら一緒に働ける、一肌脱ごうと思ってもらうことが大事。

20代後半に、女性誌の連載で「世界で働く日本人女性」というテーマの仕事をいただき、世界に散らばっている日本女性の方々を取材しました。そこで目の当たりにしたのが、彼女たちが政治・経済などに強い関心を持ち、それらの話題も日常会話に出てくることでした。日本では、女性同士が政治や経済をネタにおしゃべりするのは珍しく、女性誌もとりあげない。そこで働く女性向けに、ビューティーやファッションだけでなく、政治や社会情勢も含めた高い情報を提供するメディアをつくりたいと思ったのです。

不安におびえず、この瞬間自分が強くなることをひとつでも多くやろうという考え方は、陸上だけではなく、陸上を終えた今の生活の中でも同じです。目標を立てたあとは、結果より今の行動に焦点をあてるようにしています。

ページの先頭へ