ピーター・ドラッカーの名言|成果が出ない人の3つの特徴

いかなる成果もあげられない人の方がよく働いている。成果の上がらない人は、第一に、ひとつの仕事に必要な時間を過小評価する。第二に、彼らは急ごうとする。第三に、彼らは同時にいくつかのことをしようとする。

ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ポジティブプランニングとは、「アイデア出しのときはポジティブに考え、出てきたアイデアを否定しない」という意味です。そうすることで、発想を自由に広げていくわけですね。そして、本当に見込みがありそうなアイデアが出てきたら、モードを変えて、そのアイデアのダメなところや実現が難しいところなど、ネガティブな要素を出して、本当に実現可能なのか、シミュレーションしていきます。これがネガティブシミュレーションです。石橋を渡る前には、かなり注意して叩きます。


規模が大きくても質が伴わなければダメだという人もいるけど、コンビニエンスストア業界は「規模=質」、「質=規模」。これまでの歴史を見ても、チェーン網を築けなかった小さい企業から脱落していっているし、規模の大きいところの方が、売上、利益、クオリティ全てが高い。地域密着にこだわった新しい形の流通グループを目指したい。


どの本が一番感動するかは人それぞれですが、たまたま出会った本や、そこに書いてあるワンフレーズが人生を変えることがあります。そんな出会いがあるからこそ、本は読み続ける価値があるのです。


十分に考えた行動の結果ならば、ミスしてもいい、その代わり、新しいやり方を常に模索してほしい。


睡眠の「借金」はあとから返すことが可能だ。十分眠れなかった分を、多く睡眠をとることで返済するのだ。


全社・全部門で取り組まなければ、実現性のあるアイデアは出てこない。


ビジネスパーソンの1日は、「朝、起床から出社するまで」「午前、出社してからお昼まで」「午後、お昼から終業まで」「夕方、終業から帰宅まで」「夜、帰宅から就寝まで」「就寝から起床まで」の6つのブロックに分けられます。このうちでまとまった時間を確保しようと思ったら、ベストなのは朝です。朝早起きすれば、出勤までの時間は確実に自分のために使えます。


自分がすでに備えているものは何か、そして、いまほかに何が必要かをよく考え、どうやって手に入れるか常によく吟味するようにしています。


10年以上ウェブ編集者として活動してきましたが、「会心のタイトルをつければ記事へのアクセス数は30~50%ほど伸びる」と感じています。それほどタイトルの影響は大きいわけです。


何よりも自分にとって「気の合う人」がいい。「一緒に儲けましょう」「この仕事は楽だし高額ですよ」と、利益優先で近づいてくる相手とは、長く付き合いたいとは思いません。でも、一緒にいて気の合う相手となら、ずっと関係を保ちたい。いい人との出会いとは、「長く付き合いたい相手と出会えるか」ということだと思います。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ