ピーター・ドラッカーの名言|イノベーションを成功させるには、焦点を絞り単純なものにしなければならない

このエントリーをはてなブックマークに追加

イノベーションを成功させるには、焦点を絞り単純なものにしなければならない。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は現在、会社の事業に関してはいっさい口を出さないことにしています。名刺には「会長」とありますが、役員ではありません。これからは、メガチップスのベンチャー文化を、一人ひとりの社員に伝えていくことに力を注ぎたい。それが創業者としての役目だと思っています。

工夫は社内のイントラネットで情報共有できるようにしている。いいと思うのは「拍手ボタン」を押せるようになっており、私も時間を見つけてはボタンを押している。

お客様満足度の向上のためには、企業活動を競合先よりも迅速かつ正確に意思決定できるかが課題となる。

ネットが普及し、情報が氾濫する現代は、情報の真偽を見極めるのが難しくなりました。怪しげな情報に騙されないためには、物事を正確に判断するためのフィルターが欠かせません。その情報フィルターを完成させるために、もっとも効率よく役立ってくれるのが、新書です。新書の長所は、多様な分野の第一人者が、自らの考え方やモノの見方を、手軽に読めるかたちで披露していること。各界のプロフェッショナルの考え方に触れることで、固定観念を打ち崩すような、新しい考え方のフィルターをインプットできます。日々起こりうる仕事上のさまざまな問題に対して、多面的に物事を判断する物差しを身につけることができるようになるわけです。

部下を権力で従えているような怖い上司の下で働いている人は、聞きたいことがなかなか聞けません。上司が間違った判断をしていると感じていても、仕方なく指示に従ったりします。そんな状況では、ミスは起こるべくして起こります。危険を察知したら、どんなに怖い上司でも意見を言うべきです。

「普通でない会社でありたい」ということにこだわりたいし、そう思っている社員は多いはずです。

一歩一歩地道に登ることが肝心。そして頂に立ったとき、ぱっと視野が開ける。

私の経験では、新入社員研修で最初にきちっと礼儀礼節を教え込むと、簡単に辞めないんです。ところが最初にぬるま湯のような研修しかしていないと、現実を知ったとたん、「話が違う」と言ってすぐに辞めてしまう。

以前うちの子会社の人間が、自分が原因で発生した納期ミスを、メールの謝罪だけで処理しようとしたんです。「君を信頼して注文してくれた相手の立場はどうなるんだ。すぐに新幹線に飛び乗って直接お届けしなさい」と私は怒りました。結果は、誠意を伝えることができ、相手との関係はより深まったそうです。

原理原則を見極めていれば、どんな質問に対してもペーパー(想定問答集)なしで答えられます。話が膨らみすぎて、記者から言葉尻をつかまえられるという苦い経験もたくさんしましたが、本質のところで間違ったことは一度もありません。

ページの先頭へ