ピーター・ドラッカーの名言|自らの強みは案外わからないもの

誰でも自らの強みについてはよく分かっている。だが、たいていは間違っている。わかっているのはせいぜい弱みである。それさえ間違っていることが多い。

ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いまトップとして活躍している人も、様々な困難を乗り越えて、自己改革を図り、現在の地位を築いたはずです。学生にはその経験談から多くのものを学んでほしいと願っています。

福川伸次の名言|困難を乗り越えてきた人から学ぶ


現地生産・現地販売はかなり前から進めているが、本当に現地の顧客に好まれるものをつくるには、開発も調達も現地化しなくてはダメだ。そのキーとなる開発のための人材を育てようと、いま一生懸命やっているところだ。

伊東孝紳の名言|本当に現地の顧客に好まれるものを作るには、開発も調達も現地化する必要がある


親御さんは、子供からの相談に対して「二度と相談したくない」と思わせるような言葉は言わないでください。はねつけるような表現、あるいは本人のせいだと思わせるような言い方はNGです。どのような事実があったのかを丁寧に聞き、きちんと味方になると伝えながら、どうしていくかを一緒に考えていくことが大切です。

荻上チキの名言|「二度と相談したくない」と思わせるような言葉は言わない


これからのキャリアを考える際には、気持ちをニュートラルな状態に持っていくことが大切だ。そのために、まず自分が置かれた環境を時間軸、空間軸で相対的にとらえ直すことから始めたい。

楠木建の名言|キャリアを考える前にすべきこと


近年、時代の変化は早くなる一方。情報のスピードが早ければより一層、企業には変化対応力が求められる。

大原孝治の名言|情報のスピードが早ければより一層、企業には変化対応力が求められる


社員とコミュニケーションをどう図るかは経営者にとって最も大切な仕事。とりわけリストラのような苦しい局面は、社員との対話なしに、絶対に乗り越えることはできない。

河原春郎の名言|苦しい局面は、社員との対話なしに、絶対に乗り越えることはできない


ビジネスで必要なのは、「最上の選択」をすることではなく「最上の結果」を出すこと。

内田隆の名言|必要なのは、「最上の選択」をすることではなく「最上の結果」を出すこと


仕事を効率的にこなし、最大の効果を生み出すには、まずは仕事をやりやすい環境を整えることが大事です。

壺阪龍哉の名言|仕事のやりやすい環境をつくることの大切さ


腕のいい人はみんな独立するというけれど、それはとんでもないことで、独立した方がいい人は独立した方がいいし、会社の中で腕をふるえる人は、会社の中で腕をふるえばいい。会社という機構の中で腕を磨ける人だってたくさんいると思う。

盛田昭夫の名言・格言|会社の中で腕を磨ける人もたくさんいる


買った本をすべて読み込めばいいかというと、そうではありません。忙しいビジネスマンにとって、通読はあまりに効率が悪い。本にも当たり外れがありますから、一冊をじっくり読んでも、自分にとって得るものがない場合もあります。通読はリスクを拡大するのです。ですからまとめ買いした本は、どんどん飛ばし読みをしてください。そして、通読する価値があると思えば、それから通読すればいいのです。

吉永賢一の名言|全ての本を通読する必要はない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ