ピーター・ドラッカーの名言|イノベーションは小さく始める

イノベーションを成功するためには、小さくスタートしなければならない。大がかりであってはならない。具体的なことだけに絞らなければならない。

ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は営業マン時代にいろいろな会社を訪問する機会があり、それらの会社が掲げる社訓をたくさん見てきました。学んだのは、「長いのはダメ」ということです。長い社訓は、理解するのにも覚えるのにも時間がかかります。それでは結局、浸透しない。そう思い、様々なフレーズを考える際には、短くわかりやすくすることを心がけています。

原晋の名言|浸透させたい言葉は短くわかりやすく


引退後、まずは抱えているものをすべて降ろして、一度空っぽにして自分なりの心境の変化、心象風景がどう変わるのか、見てみたいというのがあります。今まで40年近く走り続けてきた私が、一度走るのを止めたらどうなるか。とにかく荷を下ろしてみたい。寝ても覚めても仕事のことを考えてきたわけですが、一度荷を下ろした自分がどうなるのか、経験がないから分からないんですよ。寂しくなるかもしれませんが、そういうのを含めて、いったんそれをやらないと会社のためにも私個人のためにも良くない。

安田隆夫の名言|一度空っぽにして自分なりの心境の変化を見てみる


弱い奴が強い奴に抑え付けられるのは世の常で致し方なしと諦めもするが、言うことだけは正しいことを堂々と言って欲しい。

白洲次郎の名言|言うことだけは正しいことを堂々と言って欲しい


ネット上には新しい発見は滅多にありません。ネットニュース編集者の私が断言します。ネットを効率的に仕事に活かしている人は「自分が興味を持っていることについてどんな報道がなされているか、ほかの人はどう考えているか深く知るためのツール」であると心得ている人です。

中川淳一郎の名言|ネットは「他の人がどう考えているか深く知るためのツール」


リッツ・カールトンには、「従業員はみな紳士淑女たれ」というサービス哲学があります。しかし、それまで普通に育ってきた若者がリッツ・カールトンに入社して制服を着た瞬間に、紳士淑女になれるわけはありません。そこで重要なのが、我々はステージの上にいるという意識です。リッツ・カールトンというブランドを意識しながら演じることに従業員は責任をもつ、それに対して給料が払われるわけです。

高野登の名言|ステージに上がっているという意識で働くことの大切さ


私の今年のテーマは夢を喰らう。夢は見るものではなく、食べて実現するもの。

堀之内九一郎の名言|夢は見るものではなく、食べて実現するもの


次の選挙を考えるのは政治屋。
次の社会を考えるのが政治家。

チャーチルの名言|政治家と政治屋の違い


ただ奇をてらった企画書がいいわけではありません。大切なのは与えられた課題の枠内の中で「ふり幅」をできるだけ大きくすることです。「ありそうでなかった」企画を出すことが重要なのです。そこで市場調査をしたり、相手にヒアリングをして本当に望んでいる課題について考えます。その枠の中で、他が思いつかない解決策を盛り込んだ企画なら通るでしょう。

おちまさとの名言|「奇をてらった企画」より「ありそうでなかった企画」の方が重要


会社が生活のすべてだと、会社の中のことしかわからず、外で起こったことには勘が働かない。でも、その範囲を広げていけば、さまざまなことに勘が働くようになります。皆さんも、いつもの行動範囲から一歩踏み出して、新しいことを見てみたいという好奇心を忘れないでください。

澤田秀雄の名言|いつもの行動範囲から一歩踏み出して、新しいことを見てみたいという好奇心を忘れないでください


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ