ピーター・ドラッカーの名言|イノベーションとは、論理的な分析であるとともに知覚的な認識である

イノベーションとは、論理的な分析であるとともに知覚的な認識である。

ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ひとつひとつの仕事で成果を出すには、事前にきちんと準備をすることが不可欠です。頭ではわかっていても、これができない人が多い。しかし、それを地道に積み重ねることができる人こそ、一流のビジネスパーソンと言えます。


遠回りな方法だとしても、お客様との接点を持つBC(ビューティー・コンサルタント、化粧品販売員)の活動を通して、お客様の満足を徹底して志向し、企業価値を高めていくことが、資生堂の追求すべき方向だと考えています。


集中力を保ち続けることは、限界があります。どこまで鍛えたとしても、人間の湧き上がってくる感情を止める術はありません。解決策は、対象そのものに興味を高めることのように思います。


すべてリスクは取る覚悟で決断しています。


お詫びをするときは、できるだけ早く、そして大きな声でミスを全面的に認めて謝罪。その潔い姿勢と素直さが逆に評価されることになります。上司である自分が失敗したときも同じです。立場がないからといって隠さず、こちらも素直に頭を下げる。自らの失敗を打ち明けることで、部下からの信頼を得られることにもなります。


私たちは居酒屋業界のサイゼリヤを目指します。居酒屋だけが仕込み作業にこだわっていますが、ファミレスとかファストフードには、開店も閉店も休憩もありません。


じつはパクリも楽ではありません。同じものを何度も真似ていると、次第に面倒になり、もっと楽をしたくなります。プログラマーは同じ命令文を何度も書くことを嫌います。プログラムに同じ命令文が出てきたら、それらをひとまとめにして書き直し、作業を簡素化します。そのまとめ方にプログラマーのセンスが表れます。


ケガや故障をすると「ついてない」で済ませてしまう選手がいますが、ケガをしたのも自分の「失敗」としてとらえれば、同じ失敗(ケガ)をしないための環境づくりやトレーニング方法を見出すことができます。


責任感から休むわけにはいかない、ということもありました。アフリカロケに行った矢先にウシに激突され、ろっ骨を折ってしまったことがあるのですが、ここでロケをやめてしまったらスタッフ全員に迷惑をかけ、金銭的な損失も膨大になってしまう。痛くてもごまかすしかないと、自分でテーピングをして1か月のロケをやり切りました。日本に帰ってしばらくして、どうも呼吸をするとき変な音がするなと病院に行ったら、ろっ骨が変な方向に曲がってくっついてしまっていました。あるいは、アマゾンロケに行く直前に馬に足の小指を踏まれてしまい、小指が親指と同じくらいまで腫れ上がってしまったこともあります。3サイズくらい大きな靴を用意して、なんとか足を入れて、ロケに出かけました。


東京がこれ以上の発展をしていくためにも、地方が元気にならなかったら東京も元気になりませんよ。地方創生が何も東京からゼロサムで何かを持っていくという話ではなくて、地方が元気になれば、東京も元気になる。そういう考えで、それぞれができることから始めていけばいいと思います。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ