武田信繁の名言|叱らなくて済むような配慮を

外出先から帰宅する場合には、それに先だって、使いの者をやるがよい。それでないと、急に帰られた場合、留守の者たちも油断していることもあって、行儀も行き届いていないと、自然に小言も出ることになる。叱らなくてもすむのに叱るようにもなってくる。「教えさとさないで責め痛めるのは、人を傷つけるだけだ」という言葉もある。

武田信繁 の経歴

武田信繁、たけだ・のぶしげ。戦国時代の武将。武田信玄の弟。兄信玄を補佐し、武田二十四将の一人に数えられ、武田家の副大将として活躍。上杉謙信率いる越後との第四次川中島の戦いで討死した。武田信繁家訓と呼ばれる99ヶ条の家訓を残す。同家訓は江戸時代以降も武士の心得として広く読まれた

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

知り合いに子供ができたとき、「バカに育ってほしい」と言ったんです。頭がよいと苦労が多いですから。いま、僕が考えている日本の危惧とかって、どうでもいいことじゃないですか。考えたところで何もできないし。そうであれば、美味しい食事をして、一日寝ている方が、幸せだと思うんです。

リーダーの役割は明確なビジョンを示すこと。そして、チームと顧客に安心感を持ってもらえるように振る舞うこと。

よく誤解されているのですが、仏教は単純に「煩悩を捨てよ」と教えているわけではありません。仏教の開祖であるブッダは、苦しみを解決しようとして、瞑想や苦行といった様々な修行を徹底的に試みました。その結果、瞑想や苦行はあくまでも苦しみからの逃避であり、最終的な解決にはならないという洞察を得たのです。そこでブッダはそれらを放棄して涼しい木陰で静かに坐り、苦しみの発生するありさまを深く観ようとしたのです。そこに悪魔がやってきて、あらゆる手段を使って邪魔をしようとします。しかし新たな道を歩みはじめたブッダはそれと戦うのでもなく、それから逃げるのでもなく、それを平静に観察する坐禅を続けました。こうしてブッダは悪魔、つまり煩悩を否定せずに受け入れ、それと共に生きていける道を見いだしたのです。煩悩を追い払うのではなく、深く理解し、煩悩から学んでいく。坐禅とは、こうしたブッダの営みを今ここで追体験する行です。だから坐禅は、苦行ではなく、自己を深く観つめ、それに親しむ修行なのです。

利益にこだわり、目先の改善をどんどんやっていきます。特に上位25のサービスは、改善すればするほど上に行きますから。そういう目先の改善もあるし、もっとイノベーティブにビックリするようなサービスを作ることにも挑戦する。

物事を二極で捉えるのではなく、その次元を超えた領域で俯瞰することが禅の考え方でもあります。「処処全真(しょしょぜんしん)」という教えは、見るもの、聞くものはすべて真実であり、個人の思惑を超えたところによる因縁から成るものと説く。そう感じられれば、心は柔らかくなります。

手段として狙ったというよりかは、上場については「やってみるか」っていうチャレンジの意味合いがありました。僕らのやってきたことを、世の中に問うというか。でも、上場した結果として、会社経営を取り巻く社会のしくみ、金融システムとか力学とかが見えてきたっていうのも事実なので。それが色々と勉強にもなっているので。上場を、目的を達成するための手段にできるかどうかは、これから問われるんでしょうね。

我々は時代の先を見越したイノベーションをつくることを得意としている。「EeePC(ネットブック)」は、どこでもインターネットにつながる環境が整ったとき、どんな端末が必要か、というところから発想した。

100歳まで生きることができたら、ホテル学校をつくりたい。ホテルのスタッフを育てる大学はありますが、ホテルの経営者を育てる大学はありません。ホテルの経営は特殊なところがあるので、私がやってきたことを教えることができたらいいと思います。

私の経営の基本コンセプトは、みんながハッピーで楽しく仕事したいという会社をつくることです。そして世界中にファンや親友をつくることです。国によって違う制度や慣習を学びながら、人種も肌の色も年齢も越えて友達の輪を広げていこうと思っています。コスモポリタン(世界市民)としての日本人を世界にアピールしていきたいです。

問題を解決するだけの提案なら誰でもできる。競合に真似されない提案をしたければ、問題をさらに掘り下げて、顧客自身もまだ気づいていない課題をつかみ、それを解決する提案を練る必要がある。これが本当のソリューション営業ではないだろうか。

ページの先頭へ