武田信繁の名言|叱らなくて済むような配慮を

このエントリーをはてなブックマークに追加

外出先から帰宅する場合には、それに先だって、使いの者をやるがよい。それでないと、急に帰られた場合、留守の者たちも油断していることもあって、行儀も行き届いていないと、自然に小言も出ることになる。叱らなくてもすむのに叱るようにもなってくる。「教えさとさないで責め痛めるのは、人を傷つけるだけだ」という言葉もある。

武田信繁 の経歴

武田信繁、たけだ・のぶしげ。戦国時代の武将。武田信玄の弟。兄信玄を補佐し、武田二十四将の一人に数えられ、武田家の副大将として活躍。上杉謙信率いる越後との第四次川中島の戦いで討死した。武田信繁家訓と呼ばれる99ヶ条の家訓を残す。同家訓は江戸時代以降も武士の心得として広く読まれた

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ名言

ページの先頭へ